バスケットボールの試合

スポーツの夢は、自分の心と密接な関わりがあることが多いものです。バスケは若者を中心とした人気スポーツですが、夢に出てきた場合はどのような意味を示唆するのでしょうか?集団で行うスポーツのバスケが登場する夢占いを、詳しく解説します。



夢の中でバスケをしていた?夢占いの5つのメッセージとは


1)バスケの夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

バスケは集団で行うスポーツの中でも、参加人数はグループ・スポーツの中では少人数です。そのためバスケの夢は自分の交友関係について示唆するような、自分の身近な人との関係を示す夢占いになります。その中には、その親しい人の運命や、心の内側を暗示してくれる場合もあります。

2)シーン別に解説!夢の9つのシチュエーションと意味の違い

(1)吉夢

・自分がリードしてゴールに向かって行った

仕事運なら好調、勉強なら今が一番記憶力、学習力が上り調子の時かもしれません。何事も運気が上昇している時期が「今」になります。ただし気を付けるのは下半身の怪我ですね。あまり調子に乗って激しい運動をしない方が良いでしょう。最高潮な時ほど慎重な時が必要かもしれません。恋愛や家庭では、アドバイスや会話は言葉をゆっくりにして、落ち着いて話すと吉です。

・自分の周りで観客が歓声をあげていた

自分の人生のスタイルが他人にとって、良い見本のような捉え方をされているようです。周囲の人の自分への印象などは、非常に好感度が上がってるかもしれません。今の人への接し方を大切にしましょう。この良い兆候は、決して短期間ではなく、比較的長期に渡って続くので、現在の生活や仕事、学校生活、家庭などを充実させると良いでしょう。

・チームが喜んで抱き合っていた

喜びを分かち合える感触があるこの夢が示唆するのは、実は「家族愛」です。まだ一緒になって間もない若いカップルなら、幸運が今高くなっているでしょう。既に結婚している夫婦ならおめでたが近いかもしれませんし、独身なら恋愛の兆しが出てくるかもしれません。大きな期待を寄せるのはあまり良くありませんが、吉兆のの知らせなので、明るい気持ちを心がけておきましょう。

・明るく輝く試合会場だった

人の集団や、大勢の人の広い会場内が光り輝くというのは、「羨望」と「憧れ」を示していることが多いのですが、間もなく自分にとって、大きなチャンスがやって来る兆しの一つでもあります。しかもそのチャンスは大きなものです。白く輝く光は自分の立場や今の役割を変える、そういったきっかけ、幸運が近い事を表します。この夢を見た時は、それからは健康に配慮し、いつでも備えておく姿勢が大切となるでしょう。

・逆転勝利でついに優勝を遂げていた

自分が今まで抱えていた困難、それも対人関係で自分にとっての大きな変革が現れます。それはまず非常に苦手な人などが自分から遠ざかっていくとか、嫌いな人に何かの不運が起きて、代わりに自分の気持ちが楽になるなどです。人の不幸を喜ぶのは良くありませんが、自分に不運や元凶をもたらした人が、自分から離れる兆しが現れてくるでしょう。

(2)注意の必要な夢

・ゴールに何度もトライしても、ボールがネットに入らない

努力が実らない、あるいはなかなか結果の見えないこの夢は、今自分が取り組んでいる事や挑戦していることは、自分にとって本当は相性が良くないことを示唆する夢です。急な転職や、やっている事を諦める必要はありませんが、出来れば発想を変えて別の視点で取り組むと、運勢が変わりやすいです。無理してやり続けてもあまり良い結果は出ないかもしれません。

・観客のいない中で、数人とバスケをプレーしている

自分の周囲で親しくしている人の心は、あまり自分にとって良い関係を築ける相手では無いかもしれません。この夢占いでは、「悪運を引きずる人」の存在を象徴しています。仲が良くてもいずれは、自分は利用されてしまうので、非常に注意が必要かもしれませんね。人の付き合い方を見直す時期に差し掛かっているかもしれません。

・ボールを途中で見失った

旅先や出かけた先で不運になる予兆といった、予知夢の一つです。こうした「喪失」の夢は非常に要注意で、大切な何かを忘れたり、あるいは見失う事があるかもしれません。一人で出かけるよりも複数人と一緒にいた方が、運気が下がらないでしょう。も士この夢を見て、近々旅に出る予定があるなら、出発の前日に「火」を見ると不運を避けることが出来るでしょう。

・いつの間にか自分ひとりでプレーしていた

孤独を感じさせるこの夢は、その「孤独」の元凶は自分自身にあります。考え方が内向きになりがちなので、この夢占いでは、「群衆」の中に身を置くと運気が変わることがあります。他人に不幸をふりかけるわけではなく、この元凶は大勢の人を嫌うので、人通りの多い場所や駅前、都会や街角を好んで歩くだけでも運気が変わる可能性がありますね。

バスケットボールのコート

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)ゴールが非常に遠かった

非常に辛く、長い時間がかかっている事が今自分がやっているなら、その目標はもう直ぐ達成される可能性が高いかもしれません。努力が実る兆しが出ている夢占いになります。

(2)大勢の歓声が聞こえていた

多くの他人が、自分の評価を引き上げ、自分では普通にやっていてもそれが良い結果につながる、予知夢に近い夢占いになります。バスケの試合で観客が多いような印象の夢は吉夢です。

(3)とても小さな試合会場だった

その試合会場にいるバスケ仲間が、自分を孤独に追いやる元凶かもしれません。人付き合いであまり良くない兆候がいずれは出てくるかもしれないので、要注意です。

(4)大勢の人数でバスケをしていた

このバスケの夢のシチュエーションは、「混乱」を意味します。周囲に流されやすい心の乱れがやがて出てくるかもしれないので、自分の意志を明確に持って取り組むようにしましょう。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)ゴールをひたすら目指している(ボールは一向に入らない)

この夢は2つのパターンがあります。まずボールが一向に入らない場合は、希望ややりたいことは実現性が低く、いつかは諦める機会が訪れるかもしれません。夢の中で何度かトライして、ボールが仮に入るのなら、やりたいことの幾つかは現実では失敗に終わり、残るものは少ないかもしれません。

(2)試合に参加せず、見ているだけだった

現実の自分が関係する環境に、少し変化が出てくる予知夢ですね。まず心がけとしては「いつもと変わらない心」がとても重要になります。職場なら自分と親しい人と食事をしたり、家庭では町内会のイベントや、近所付き合いで運気が良くなる傾向があります。

(3)眩しい光でボールが見えなかった(ボールを受け取れない)

新しい大きなチャンスがやってくる兆しがある、希望の夢占いです。とても自分にとっても良い機会ですが、それに応えられるだけの体力、健康の度合いが重要です。あまりに大きな光の場合は、自分以外の人に協力を求めるようなやり方を考えても良いかもしれません。

(4)試合に勝って拍手をしていた

大勢の自分に関わる人も含めて、「グループで幸運がやってくる」兆しがある夢占いです。身の回りの人を大切に扱いましょう。非難や批判は運気を逃してしまうかもしれません。そのグループが自分の運気を更にアップしてくれるでしょう。

5)バスケの夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント

(1)周りの人との人間関係を改めて見つめ直す機会

バスケの夢占いは、「自分に関係ある他人」が非常に重要なポイントになっているのが特徴です。予知夢などの未来を示すパターンも多く、適切に対処すれば、不幸よりも幸運が多く訪れやすいですね。全ての運命は自分の心がけ次第で、とにかくこのバスケの夢を見る人は、他人との関わり合いと相性が良いことが多いです。他人も自分のう運命を変える大切な存在なので、それを常に心がけると良いですね。

(2)夢をヒントに日常生活に活かしてみましょう

バスケの夢は、やはり試合に興味や関心が強い若い人が多く見る傾向が強いです。その為、非常に活動的に他人と関わる仕事やグループでの作業などと、関連性が高いですね。また自分の成長の鍵となるのが、バスケの夢で象徴的な自分以外の「人影」です。試合はその人達と一緒に作るものですよね。他人と自分をより深く考える機会が、このバスケの夢占いのはあるといって良いでしょう。



今回のまとめ

1)バスケの夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の9つのシチュエーションと意味の違い

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)バスケの夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント