自宅でパソコンを使っている女性

収入を増やしたいけど副業でアルバイトする時間が取れなかったり、仕事はしたいけど子供がいるから気軽に外へ働きに出られないなどといった現状に悩まれていませんか?家にいながら作業ができるおすすめの家で稼ぐ仕事(在宅ワーク)を紹介していきます。



家で稼ぐ仕事を紹介!おすすめの在宅ワーク9選とは


1)そもそも家で稼ぐ仕事って?種類と違い

家でできる仕事は大きく分けると2パターンあります。ひとつはパソコンを使用するデータ入力系、ライター系、アンケート・モニター系、技術・専門知識系などがあります。もうひとつはパソコンを使用しないタイプの内職・手作業系の仕事になります。副業=内職のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

在宅ワークの特徴は自宅で仕事ができることです。勤め先に出勤することはなく、納品日にさえ間に合えば働く場所や時間など自分の好きなようにできます。

2)家でできる仕事(パソコン活用の場合)

パソコンを活用した気軽にできる仕事を紹介します。

(1)アフィリエイト

【難易度】★★★

【実際に稼げる金額】アフィリエイトを始めて数年の方やアフィリエイト記事の書き方によっては0円~5000円未満の収入になる方が約7割を占めています。

検索サイトで1ページ目に出てくるようなサイトになると稼げるようになります。

【方法・ステップ】先に自分のブログやサイトを作成します。次にアフィリエイトサイトに登録をして作成したサイトやブログを更新し、広告を貼り付けます。

【メリット】商品の在庫や仕入れがいらないため初期費用がほとんどかかりません。読んでもらえる(売れる)記事を作れば、継続的な収入が見込めます。

【デメリットと注意点】アフィリエイトは稼げる人とそうでない人に差が出てくるため稼げる保証はありません。ひとりでパソコン画面に向かい仕事をするため、モチベーションの維持や家族など周りの目が気になります。

【こんな人におすすめ】気長にブログやサイトの更新をこまめに出来る人や文を書くのが好きな人におすすめです。

(2)ライター

【難易度】★★

【実際に稼げる金額】文字数などによって違いますが大体1記事1000文字で100円~300円程度になります。仕上げるスピードが速くなれば数をこなせますので、慣れてくれば大きな収入にもなります。

【方法・ステップ】ライターの仕事を紹介してくれるサイトに登録する。クラウドやランサーズなどのサイトに登録して仕事を探すのが一般的です。

【メリット】パソコンひとつで仕事ができるためネット環境があれば働く場所を選ばないため、自宅でもカフェでも好きな場所で仕事ができます。フリーランスのライターなら自分のやりたい仕事が選べ、納期に間に合えば好きな時間に働けます。また、頑張っただけ収入が増えます。

【デメリットと注意点】自由な働き方ができる仕事のため、金銭面での安定は難しくなります。ひとりで作業をするため、プライベートと仕事の境界線が曖昧になりやすいです。

【こんな人におすすめ】ライターに向いている人はポジティブ思考の人や調べものが苦にならず、指定されたキーワードをもとに忠実に作業ができる人向きです。

(3)データ入力

【難易度】★★

【実際に稼げる金額】データ入力の仕事は5~10文字で1円程度が一般的です。入力するだけなので考える必要はありませんが、タイピングスピードが求められます。

【方法・ステップ】会社から直接依頼されたり、ランサーズやクラウドワークスのようなサイトで仕事を探します。

【メリット】電話対応や接客業務がなく、ひとりで作業するため人間関係のトラブルや悩みも発生しにくいです。キーボード操作やワード、エクセルを使用するため基本的な利用方法がマスターしやすくなります。

【デメリットと注意点】目が疲れたり、頭痛、肩こりなどパソコン作業による体への影響が大きくなります。

【こんな人におすすめ】タイピングスピードがある人や正しく打ち込んでいかなければならないので集中力がある人におすすめです。

スマホを使っている女性

3)家でおすすめの仕事(スマホ活用の場合)

(1)ポイントサイト

【難易度】★

【実際に稼げる金額】簡単なゲームやアンケート、アプリダウンロードなどの利用だけなら初心者でも1か月1つのポイントサイトにつき300円~3000円は稼ぐことができます。友達紹介をすれば還元ポイントがもらえるサイトもあるので人によっては月10万円以上稼ぐこともできます。

【方法・ステップ】無料のポイントサイトに登録してサービスを利用します。

【メリット】お小遣い程度なら誰でも簡単に稼ぐことができます。空いた時間にアンケートやゲームをするだけなので気軽に始めることができます。

【デメリットと注意点】セキュリティ対策を意識しているサイトの場合、登録する際に本人確認として電話番号認証が求められるところもあり、億劫なこともあります。スマホを使うので充電の減りが早くなります。

【こんな人におすすめ】交通機関を使って移動する時間が長い人やスマホゲームが好きな人におすすめです。

(2)フリマアプリ

【難易度】★★

【実際に稼げる金額】アプリ内で不要なものを売った金額が収入になります。自分で価格を決めて販売を行います。最低300円~価格設定ができます。

【方法・ステップ】フリマアプリをダウンロードして登録を行います。販売したいものの写真撮影をして投稿します。

【メリット】難しい操作もなく簡単に販売準備が整います。需要があるものなら数分で売れることもあります。

【デメリットと注意点】買い手が見つからないと売ることができません。値下げ交渉をしてくる人もいます。

【こんな人におすすめ】アプリチェックをするためにスマホをこまめに見ることが可能な人。楽観的な人。

(3)モニター

【難易度】★

【実際に稼げる金額】モニター内容により謝礼は異なりますが、アンケート系なら1つのアンケート内容で1円~20円が相場になっています。試供品などのモニターは10円~100円程です。

【方法・ステップ】アンケートサイトに登録後、サービスを利用します。

【メリット】物などのモニターなら発売前の製品や新商品をいち早く利用できる。

【デメリットと注意点】モニター応募の枠がいっぱいになってしまったりするとそのモニター調査などはできません。良心的なモニターサイトは登録料など発生はしません。悪徳サイトに注意しましょう。

【こんな人におすすめ】新しいものが好きだったり流行に敏感な人におすすめです。

4)家でおすすめの仕事(手作業・それ以外の場合)

(1)シール貼りなどの内職

【難易度】★★★

【実際に稼げる金額】完成具合によっては最初に提示された金額より減額されることもあります。単価0.1円~2円が相場になっています。

【方法・ステップ】詐欺などを避けるために内職をしている知人などから紹介してもらい仕事を始めるのが良いです。

【メリット】特別な能力がなくても自宅で作業ができます。

【デメリットと注意点】募集が少なく安定した収入が見込めません。また、悪徳業者には十分に気を付けましょう。

【こんな人におすすめ】知人が内職をしている。細かい単調な作業が苦にならない。器用な人におすすめです。

(2)モーニングコール代行

【難易度】★★★

【実際に稼げる金額】1件につき100円前後になります。1日に10件~20件の依頼が入ります。

【方法・ステップ】モーニングコール専門の会社に登録をして決められた時間に依頼主にモーニングコールをかける仕事になります。

【メリット】朝5時~9時頃に依頼が集中するため1日の時間を有意義に使えます。

【デメリットと注意点】時間厳守になるため空いた時間に働くことができません。子供の声やペットの鳴き声が聞こえる環境では働けないため静かな場所で仕事をする必要があります。

【こんな人におすすめ】早起きが得意な人。

(3)手作りの作品を販売する

【難易度】★★★★

【実際に稼げる金額】売り上げた金額から手数料を引いて残った金額が収入になります。販売するものや個数により収入が変わります。

【方法・ステップ】手作りのアクセサリーや小物を作り、ネットショップなどで販売する。

【メリット】趣味で作成した小物を販売することができます。

【デメリットと注意点】商品が売れて初めて報酬が発生するので売れなければ収入がありません。

【こんな人におすすめ】ハンドメイドが趣味な人。

※物を販売する以外にも似顔絵を描いたり占いをしたりなどの能力・強みを仕事として提供できるサイトもあります。



今回のまとめ

1)そもそも家で稼ぐ仕事って?種類と違い

2)家でできる仕事(パソコン活用の場合)

3)家でできる仕事(スマホ活用の場合)

4)家でできる仕事(手作業・それ以外の場合)

5)こんな方法もある!その他の在宅ワークのアイディア