絆創膏で手当てをしている手

怪我をすることは、大なり小なり痛みや苦しみを伴います。例えそれが自分の気の緩みから起きたことでも、痛い物は痛いです。なので、できれば避けたいところです。もし、夢の中でも怪我をしてしまっていたら、それはどんな意味を表すのでしょうか?夢占いから、その意味を解説していきます。



怪我をする夢にはどんな意味が?夢占いの6つの訳とは


1)怪我をする夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

夢占いでは、怪我をすると言うのは「何かしらのトラブルや失敗をする暗示」と言われています。そもそも怪我をすること自体、現実世界でも良いことではありません。少なからず覚悟はしていましたが、夢占いにおいても良い意味ではないことが多いでしょう。つまり、「身近に起きるであろうトラブルや失敗に対する警告」を表すと言えます。

2)シーン別に解説!怪我をする夢の3つのシチュエーションと意味とは?

(1)吉夢

・怪我をした箇所から出血を伴う夢の場合

血が出るほどの怪我が吉夢とは、予想外です。が、そもそも血は生命力の象徴と言われています。血の状態によって、意味は大きく変わってきますが、澱みのない綺麗な血であれば幸運の兆しを表します。

・怪我の手当が済むまでの夢の場合

怪我をしてしまっても、その怪我の手当が済むまでの夢の場合なら、トラブルが少なく済む・早く解決すると言われています。確かに、怪我をしてそこで終わってしまうよりも、きちんと手当までできたら安心です。

・怪我が治る夢の場合

怪我が治るということは、起きているトラブルが解決する暗示とされています。「怪我」と言うトラブルや失敗から抜け出し、道が開ける良い機会です。恐れず、前に進みましょう。

(2)注意の必要な夢

・足を怪我した夢の場合

足は、自分で人生を歩んでいく象徴です。そんな足を怪我することは、思いもよらない問題に直面する暗示とされています。思いもよらないだけに気が動転してしまいそうですが、落ち着いて見極めましょう。

・顔を怪我した夢の場合

顔を怪我した場合、人間関係のトラブルによって心が傷ついてしまっている状態を表します。人間関係は、時に厄介でままならないものです。が、「喧嘩両成敗」とあるように、その原因が相手だけでなく自分にもある場合があるのも事実です。この夢を機会に、自分の相手に対する態度や言動を見直すきっかけになるはずです。

・怪我をしたのに出血をしていない夢の場合

出血をしないと言うことは、一見軽い怪我で済んで良かったようにも思えます。が、夢においては自信を失い、全てにやる気を無くしている状態を表します。何もしないと言うことは、金運などの運気を下げてしまうことになりかねません。自信はそう簡単につくものではありませんが、同時に最終的に自分を鼓舞し、評価をするのは自分であることも事実です。人の意見を取りいれながらでも良いですが、最後に決めるのは自分と肝に銘じましょう。

聴診器と資料

3)怪我をしてしまう事以外に特に特徴的なものは?その意味とは?

(1)自分に対する警告

例えば、怪我をする部位によって意味は違えど、経済面や人間関係のトラブルを暗示します。これは、普段からの自分の行いや言動によって招くことでもあります。どんなに社会的地位があったり、立場が上であっても、それらを理由に驕ったりしてはいけないのです。

(2)自分の心の状態

怪我の夢に限ったことではありませんが、特に胸と顔に負った怪我の夢の場合、心が傷ついている状態を表します。人から言われたことで傷ついたり、深く落ち込んでしまうことの暗示なので、特に気をつけたいものです。

(3)実際にその箇所が痛む

どの部位にしても、例えば手や足、腰など、実際に痛む場合に夢に見る場合もあります。無理をしないで、きちんと治療・療養することをお勧めします。

4)怪我をする夢を見て自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)怪我に対する手当をしようとしていた

夢で見た怪我に対処しようとするのは、信用を失ってしまう暗示とも言われています。が、すぐに信頼を取り戻せる暗示もありますので、考え込む必要はありません。

(2)相手に怪我をさせていた

この場合、自分にとって良くないことの前兆を表し、逆に相手には良いことが起きる前触れと言われています。相手に怪我をさせた以上、当然の結果と言えばそうなのでしょう。注意しましょう。

(3)怪我人を見る

これは、今まで培ってきたものや努力が無に帰すことを表します。努力が水の泡になると言うのは、現実世界でも辛いことです。できれば見たくないものです。

5)怪我をする夢を見たら!今後の行動や心構えのポイントとは

ここまで、いくつかの例を挙げてきましたが、いかがでしたでしょう。怪我と言うだけあって、良くない意味が多かったように思えますが、あくまで夢です。続けて見てしまうと気になってしまいますが、あまり悪い方に思い込まない方が良いです。1つのきっかけや目安だと思って、自分の振る舞いや言動を見直してみるのも選択肢の1つでしょう。



今回のまとめ

1)怪我をする夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!怪我をする夢の3つのシチュエーションと意味とは?

3)怪我をしてしまう事以外に特に特徴的なものは?その意味とは?

4)怪我をする夢を見て自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)怪我をする夢を見たら!今後の行動や心構えのポイントとは