寝坊をしている女性

社会人でも学生でも、遅刻は大きなペナルティを負わされるものです。従い非常に見やすい夢のひとつが寝坊の夢です。夢占いでこれを分析すると、自分の心の中身を確認できるかもしれません。この夢をヒントに、自分が取るべき行動とはなんでしょうか。



寝坊の夢の意味は?夢占いの3大理由とメッセージ


1)寝坊の夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

夢占いでは、夢の中のバーチャルな体験を元にして、運気や運勢、あるいは現実の対処のヒントなどを人に与え、示唆するものです。

その中で寝坊の夢は非常に現実の生活と直結しており、今すぐにでも対処が必要な運命的な意味では、速攻力、実行を早くすれば運気が上がる可能性が高いです。寝坊は自分に関係するだけではなく、必ず相手の対象は広く、大きいことが多いので、自分の生活改善の良い指標としても参考になります。

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

(1)吉夢

・寝坊して慌てて起きて何も着ないで走り出す夢

これは夢占いで言えば、幸運が近々訪れるかもしれない運気がよくなる夢です。慌てて焦ってますが、何も着ていないことは自分でも夢の中で自覚し、それでも大丈夫という確信があるためで、自分で今運命を切り開き、順調に仕事や勉学、生活もまんぞくしていいるからこそ、ちょっぴり少しの不安が顔を覗かせている、そんなイメージですね。この夢に関しては夢占いでは不安に思う必要はありません。

・寝坊して、遅刻と間違えて二度寝する夢

よりリアルに実際に起き上がったような感覚のある夢で、起床してもしばらくはボーっとして意識が妙な感触が残るかもそれません。しかしこれを夢占いでみると、不安も無く、ゆっくりリラックス出来る心の余裕が今出来ている証で、運気が良いのはこの夢を休日に見ることです。たっぷり実は熟睡しており、心身とも健康で、休日なら積極的に外出すると運勢がますます上がります。今はとにかく面白いこと、楽しいことを発見したり、探すのにはベストタイミングですね。

・寝坊して、慌てて出かけたら休日だった

これも二度寝する夢と非常に良く似ています。ちょっと違うのは、仕事や学校、またはアルバイトなど、自分がやらなければならない事がやや詰まって充実しすぎており、気を緩めれば現実に遅刻していまうなど、寝坊の夢が真実になる可能性があると、夢占いでは示唆しています。夢占い的にアドバイスするなら、まずあまり根を詰めるような無理は禁物ですね。やりきれなくても「明日がある。」と前向きにポジティブに捉え、毎日をリズミカルに規則正しい生活を心がけましょう。

・寝坊して、何故か皆が笑って許してくれた

この夢は、寝坊でも皆が何故かそれを許容してくれる、現実にはあり得ないものですが、様々な運気が上昇機運にある証拠として、夢占いではとらえます。少々、強引でも自分らしく振る舞って、存分に実力や意見を提供して、積極的な自分の評価を上げる時が来ています。この場合、奥手に構えて状況を好転しようと待っているだけではダメです。夢占いとしては、鍵は「積極性」です。自分のスキルや今は能力を目一杯活用する時が来ていると言えるでしょう。

・寝坊したのに、踏ん切りがついてのんびり準備をしている

心の余裕は、生活も含めた自分の関係する事象や出来事が、全て結果が良い方向へ動く予兆を感じさせると、夢占いではこれを評価します。全てにおいて、自分は上方に位置し、余裕をもって色々自信を持ってこなしてる状態が、現実では起こりつつある兆しがやがて現れます。過度な期待は禁物ですが、「運命に身を委ねる」といったつもりで、着実に今していること、やろうとしていることは達成させるよう努力を続けてください。成果がきっと出るだろうという夢占いです。

(2)注意の必要な夢

・寝坊したが起きられない

これは夢としては要注意なものです。真実に近づく不吉な夢で、夢占いでは大きな将来への不安と心配が重なり、日々の生活スタイルは重圧に満ちているかもしれません。夢で起きられないのは、心理的にも「起きたくない」という潜在的な欲求が強く、これはやがて現実では耐えられないストレスに見舞われる、そういったメッセージでもあります。

まず早急に行うとしたら、運勢を変える1つとして”香り”に気を配ってみるのもよいかもしれません。アロマやお香でも良いですし、邪気を払う意味で、炎の光などは少しでも心を落ち着ける効果も期待できます。くれぐれも火の元に注意し、水のあるキッチンで行うなど、部屋では消火を必ず確認して使用してみるのもよいかもしれません。

・寝坊を何度も一晩で繰り返している

これも非常にこれから不運が待ち構える兆しが出る、夢の占いです。寝坊を夢の中で繰り返すとは、自分の体から心離脱し、文字通り魂に「隙」が出来るときです。この不安は早期に和らげておく必要があります。まずアドバイスは、何も用事がない休日を週に最低一度準備し、外出せずにゆっくり過ごしてみましょう。その日の前は、テレビもインターネットもスマホも触らず、音や映像の刺激を無くして早めに寝てみましょう。

寝付きが悪いようなら、市販薬で普通に利用しても良い睡眠導入剤が売られてますので、規定の量を服用し、落ち着けて寝られる様に信じてゆっくり体を休めてください。焦り、不安などはまず寝ることで解消し、次に静寂で邪気を払います。お風呂も長く湯船に浸かり、何もしない1日を過ごすことです。これで翌日、夢を見なくなったら、運気は変わっていることでしょう。

・寝坊したと思ったら夕方だった

朝寝坊して「しまった!」と起きてみたら夕方でショックになり、冷や汗をかくようなバーチャル体験をするような夢です。夢占い的には悪夢に近く、自分の身の回りに不吉を呼ぶ何かがある兆候を示しています。運命に引きずられる夢ですから、これは昼間はまず仕事や学業、家事に専念したら、夜はお酒や外食は控えて外出でも、なるべく一人で過ごすようにしてみましょう。

なるべく明るい部屋で過ごすとか、街でも明るい場所を選んで歩くようにしましょう。この夢は、物事をなんでも悪く捉えるような運勢を呼びこむのが特徴です。また寝坊の夢は、性別や年令を問わずに共通によく見る夢でもありますから、それを踏まえて理解してくださいね。

目覚まし時計とヘッドフォン

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)部屋が実際は夜なのに、寝坊した夢はとても明るかった

吉凶を示す夢の中では、特に窓辺の光や闇が重要なポイントになります。夢の中で野外に風景が見えたり、日が差し込んでいる場合は、夢占いでは良い兆しが出やすい運命で、反対に漆黒の闇が見えている場合や、窓がカーテンや雨戸が閉まっている場合は、これから現実では不吉な事の可能性が増します。

これは、心の動揺が現れているともいえますから、辺りが暗い中での寝坊の夢は、意識的にポジティブに考えた方が良い運勢になります。明るい太陽が降り注ぐ中での、寝坊の夢は「安心」です。

(2)意識はあるのに、寝坊してしまう

不本意に「目が開かない」とか、「体が固くて起きられない」などのような、睡眠とは無関係な物理的に起きられず寝坊する夢は、現実を拒否している意識が心の中にあります。現実のトラブルや問題、人付き合いでのいざこざなどは、出来るだけ早くにスッキリ結果を出してしまいましょう。無意識に同じことがまた起きたら繰り返させるという、不安の現れを夢占いでは判断します。

(3)起きているような意識が残ってる状態で、寝坊したと思う夢

すこしややこしいシチュエーションのようですが、自分ではハッキリと起き上がって、寝坊したという自覚があるにも関わらず、思わず目を開けたらまだ枕元で自分は横になっていたというような、現実と夢の区別が無くなるような現象というか、夢のパターンですね。

恐らく実際に目覚めても、しばらく現実感がないはずです。この夢は不吉とも幸福がやってくるとも、どちらでもない夢占いに該当します。これは運命は自分の決断次第で今後変わる可能性のある予知夢ですね。何かを決めるタイミングがその夢を見たその日や、後日に訪れたら、決断は早くしかも慎重に、という難しい局面が出てくるかもしれません。普段の考えている事を整理し、安易に決めないよう心がけてください。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)冷や汗をかくほど焦っていた

自分でも知らず知らずのうちに、ストレスを抱えている証拠かもしれませんね。出来ればこの夢を度々見る時は、いつもよりも早く寝て、早くに起きて朝にゆっくり過ごせる生活を心がけ、運気をアップしていきましょう生活リズムが変われば、やがて見なくなる夢のパターンです。

(2)寝坊して、着替えても前に進まない

ハッキリと寝坊した自覚を感じ、しかも起きて支度をしているのに、行動が空回りしてカバンや靴が見つからないなど、トラブルが次々起こるような夢です。これは自分の経験した失敗が、まだ精神的に尾を引いているので、夜寝る時に翌朝の準備をしっかり行い、それを自宅では目につくところに置いておきましょう。一種のおまじないのようなものですが、夢占い以前に心の安息を呼び覚まします。

(3)同じ夢寝坊する夢を、週に頻繁に見る

これは夢のシチュエーションのパターンが常に似ている点が、非常に要注意です。不吉でも凶兆でもありませんが、自分の中にある「完璧主義」を緩ませ、時には気を抜くような余裕の心を意識するようにすると、運気は変わり、夢の回数も減ります。

また枕を置く方向をたまに変えて、体の姿勢も時々物理的に変えて見るのも、良い兆候がその後に出てきます。寝坊の夢は、朝になって目覚めるパターンですから、夢のつづきがあまり長くないのが特徴です。昼間は昼寝も上手に取り入れて、心の緊張を解す工夫も行うと良いでしょう。

5)寝坊の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント

寝坊をする夢は、時間的に非常に短いように感じるはずで、夢と覚醒はほぼ境目が曖昧です。その意味ではちょっと不思議な夢で、夢占いでは体調と精神的健康度、そして疲労やストレスと密接な関係があります。寝坊して普通は、現実では後味が悪いものですが、起きて夢だとわかれば普通の人は安堵するでしょう。

この油断が見る寝坊のパターンによって、不吉だったり幸福の予兆や運気が上昇するきっかけとなります。夢占いでは、夢自体は象徴的な意味合いですが、寝坊の夢はリアルに実現するかもしれない、予知夢に近いといえるでしょう。



今回のまとめ

1)寝坊の夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)寝坊の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント