電卓を持っている女性

お金が増える夢、まさに夢のような夢ですね。そんな夢だから、きっと現実でも同じことがあるだろうと思ってしまいますが、そればかりではなさそうです。お金が増える夢には、どんな意味があるのでしょうか?いくつかの例とともに、ご紹介します。



お金が増える夢はどんな意味?夢の8つのワケとは


1)お金が増える夢ってなに?代表的なメッセージとは

お金はないと困りますよね?生きていくうえでは欠かせません。そもそもお金は、「愛情や時間、エネルギー」を表します。そんなお金が増える夢は、「愛情や時間、エネルギーにあふれている」ことを表すわけです。何だか良いことばかりにも思えますが、良くない意味もあるので、ご注意ください。

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

(1)吉夢

・貰った結果お金が増えた夢

これは、お金をくれた人からの愛情が増えたことを表します。愛はお金では量れないものですが、1つの形でもあると言えます。

・宝くじに当たってお金が増えた夢

これは、現実でも宝くじに当たるほどのお金が入る可能性が高いことを表します。まさに夢のような話しですね。

・財布を見つけたことでお金が増えた夢

これは、愛やエネルギーにあふれることを表します。財布の状態が綺麗だったり、中身が多いほど、愛やエネルギーもそれらに比例すると言えますね。

・お金持ちになってお金が増えた夢

これは、底知れないエネルギーがあることを表します。やる気さえあれば、そのエネルギーで色々なことに挑戦できそうですね。

・手に入ったことでお金が増えた夢

これは、現実でも同じようにお金が手に入ることを表します。思いがけないお金が手に入るなど、金運関係が上手くいくとされています。まさに、棚から牡丹餅ですね。

(2)注意の必要な夢

・儲けたことでお金が増えた夢

これは、逆にお金を使いすぎてしまったり、良くないことが起きることを表します。いわゆる逆夢ですね。お金が増えたことで、有頂天になって景気よくお金を使ってしまったりしたことで生じる結果とも言えますね。使うことが悪いのではなく、使い方や加減の問題ではないでしょうか?

・拾ったことでお金が増えた夢

これは、愛が足りないと感じていることを表します。そもそも、拾ったお金が自分のものでなければ、然るべきところに届けるのが普通です。甘い誘惑に乗ってしまいやすいことも表すので、毅然とはねのけましょう。

・借りたことでお金が増えた夢

これは、借りた相手との間に揉め事が起きることを表します。お金の貸し借りは、いくら親しい間柄であっても、禍根(かこん)を残すことになりかねません。これは現実でも同じことが言えます。返せる当てがないなら、お金を借りるのはやめましょう。

お金と上向きの矢印

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)貰ってお金が増えた時の感情=現実での感情

お金を貰った時、ほとんどの人が嬉しいと思うでしょう。が、中にはそう思わない人もいます。気持ちだけで十分だと思う場合もあるでしょう。それが、現実の感情と重なると言えます。

(2)お金=なくてはならないもの=執着心が強くなる

お金はなくてはならないものだけに、増えれば増えるほど、もっと欲しいと思うのも仕方ないかもしれません。が、もっともっととの考えに支配されては、お金に対する有難みがなくなってしまいます。お金は使い方によって、増やすことも減らすこともできるものです。もっとと思う前に、無駄にしてしまっているものがないか振り返ってみましょう。

(3)お金持ちと儲けたことで、お金が増えた=吉凶半々

お金の夢は逆夢が多く、夢の中でお金が多いと現実ではお金が少ないことを表すことが多いです。つまり、夢でお金が増えると現実ではお金が少なくなる・なくなることを表すとも言えます。とは言え、良くない意味ばかりではなく、逆に愛やエネルギーにあふれている意味もあります。要するに、夢の中でのお金の使い方によって、現実での良し悪しが変わるのです。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)借りてお金が増えていた

これは、借りた相手との揉め事の予兆とされています。お金の貸し借りは、金額にかかわらず、揉める原因になってしまいます。相手が誰であっても、お金の貸し借りはやめましょう。

(2)拾ってお金が増えた

これは、愛が足りないと感じていると言えます。愛も求めれば求めるほど、足りないと感じてしまうものです。なので、甘い誘惑に引っかかってしまいやすい状態ですが、そこで乗らないのが正しい対処方です。

(3)貰ってお金が増えた

これは、くれた人からの愛情が増えたと言えます。貰った時、嬉しかったなら、現実でも嬉しい出来事があるかもしれません。

5)お金が増える夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント

ここまで、いくつかの例とともにご紹介してきましたが、いかがでしたか?お金は欠かせないものですが、夢では逆夢の意味が多く、せっかくお金が増えた夢でも良くない意味が目立ちました。とは言え、お金の使い方や考え方を戒める意味とも言えるわけです。

それらを直すことで、運気の上昇や余計な揉め事を回避できるかもしれません。なくてはならないものだからこそ、有難みや使い方が雑になってはいけないのではないでしょうか?自分では気づかないことや、目を向けなかったことを夢の意味によって改めて知る好機だと言えます。



今回のまとめ

1)お金が増える夢ってなに?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の3つのシチュエーションと意味

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)お金が増える夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント