お財布とお金

夢占いとは、夢の内容を何かの予兆としてとらえ、現在の自分の心理状況を知ったり、近い未来を予想するものです。ただし、同じものが出てきてもその状況によって吉兆か凶兆かが変わったりします。今回は財布がでてくる夢を見てみましょう。



財布が夢に出てくるのはなぜ?夢占いによる6つの訳


1)そもそも夢を見るのはなぜ?メカニズムとは?

睡眠とは、深い眠りの状態であるノンレム睡眠と、浅い眠りの状態であるレム睡眠の2種類に分かれます。ノンレム睡眠とは身体も脳も休んでいる状態で、レム睡眠とは身体は休んでいるけど脳は活発に動いている状態のことを指します。そして夢はこのレム睡眠の時に見ることがほとんどです。人は毎日、得た様々な情報を睡眠によって整理整頓するため、睡眠中にも脳が働きます。

過去の映像がランダムに繋がって掘り起こされ、ストーリー化されてあらわれたものが夢だと言われています。夢に脈絡が全くないものが多いのも、この過去の記憶が断片的に繋がっているせいだと思われます。夢が過去の記憶から形成されるものだとすれば、夢占いの考え方である、自分の記憶にあった無意識中の意識が夢にあらわれる可能性は高いと言えます。それでは財布の夢を見た場合、人々はどんな意識を持っていることが多いのでしょうか。

2)財布の夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

まず、財布が夢に出てきた時は、主に金運を象徴しています。また、失いたくないものという意味で愛情を表す場合もあります。つまり、大きくこの2つの問題に関しての潜在意識の表れと言えるでしょう。ただし、財布の夢はそのシチュエーションによって大きく意味が変わってきます。自分の夢が下記のどれに当たるのかを確認し、その本当の意味を探ってみましょう。

3)シーン別に解説!財布の夢のつのシチュエーションと意味とは?

(1)吉夢

・財布が空っぽの夢

財布が空っぽであるという夢は、一見よくない夢の感じがしますが、財布の夢というのは逆夢であることがほとんどなので、財布が空っぽの夢はこれからお金が入ってくる、現在に満足している、愛情に満たされているという、金運・恋愛運の上昇を表します。これから入ってくる可能性があれば、それが気持ちの余裕としてお財布のスペースにあらわれるようです。ただし、その財布の形は札入れであること。がま口の財布はいっぱいである方が金運・恋愛運の上昇を表しますので注意してください。

・綺麗な財布を拾う/見つける夢

財布を拾ったり見つけたりする夢は、新しい出会いがあったり、今している恋愛の進展を表したりする吉兆です。ただし、その財布がボロボロであったり、中身が何も入ってなかったらその見つけたものが期待はずれであることを示します。

・財布が盗まれる夢

こちらも逆夢で、金運のアップを意味します。金銭トラブルが一気に解決したり臨時収入が入ってくることを表します。ただし自分が盗む夢は金運の低下を表しますので注意が必要です。

(2)注意の必要な夢

・財布に大金が入っている夢

こちらも現実には嬉しいことですが、夢占いでは浪費を表したり、思いがけない出費があったりと、金運の低下を表しています。ただし、がま口の財布にお金がぎっしり詰まっているのは、自分の身が満たされていることをさすので吉兆です。安心感に包まれ恋愛運の向上を表します。

・財布をなくす・落とす夢

今持っている大切なものを失うのではないかという不安を表しています。恋愛運の低下であったり、社会的地位など、失くしたら自分にとってダメージの高いものを失うことに対する警告とも言われています。

・財布を買う夢

金運の低下を表しています。貯金が減ってしまったり、財産を突然失ってしまったり、思いがけない不幸に見舞われることをさします。

パソコンをさわる手

4)財布の夢での登場人物とその意味とは?

(1)財布をもらう夢の登場人物

財布をくれる人というのは自分にとって幸運のキーパーソンです。恋人や友人、家族などであれば今の関係をより良好に保つ努力をしましょう。見知らぬ人やほとんど覚えてないような知人であれば、これから先の未来にキーパーソンが現れる可能性が高いので誰に対しても壁を作らず、親切に接することをおすすめします。

(2)財布を盗まれる夢の登場人物

こちらも、財布を盗まれる夢は問題解決に繋がるため、盗んだ相手は問題解決の重要なキーパーソンとなる可能性がありますので、盗んだ相手のことを大切にしましょう。ただし、自分が盗む側であった場合は金運低下を表しますので、浪費などに注意して行動しましょう。

5)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)泣いている夢

財布が盗まれたなどで泣いている夢は不安からの解放を表します。財布が盗まれた夢だけでも吉兆ですが、さらに自分が泣いていた場合はもう何も恐れることはないでしょう。

(2)大喜びしている夢

財布を拾うなどして大喜びしている夢は、期待はずれを意味します。財布を拾う夢は出会いを表しますが、それに対し大喜びしていたらその出会いが期待はずれになることを指しています。

(3)喧嘩をする夢

財布のトラブルで喧嘩にいたる夢を見た人は、その喧嘩をした相手との関係が良好になることを示します。恋人や友人に財布を盗まれ、さらに喧嘩に発展した場合、その相手と一生ものの付き合いになる可能性が高いでしょう。

6)財布の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイントとは

財布の夢を見たら、まずどういうシチュエーションだったか、その詳細を思い出しましょう。微妙な違いによって意味が大きく変わってしまうことがこれまでの記事でご理解いただけたかと思います。

そして、吉兆である夢を見た人は、これから起こるかもしれない幸運を見逃さないように常にアンテナを張っていましょう。例えば財布の拾う夢を見た人は、飲み会に誘われた時など、普段は行かない人もフットワークを軽くして勇気を出して出掛けてみるなどすると素敵な出会いがあるかもしれません。

凶兆である夢を見た人は、ただガッカリして終わらずに、財布の紐をいつもよりキツくしめて無駄遣いをしないようにしましょう。恋愛も、それだけ今の相手を失いたくないという思いの表れととり、その縁をより大切にするようにしましょう。



今回のまとめ

1)そもそも夢を見るのはなぜ?メカニズムとは?

2)財布の夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

3)シーン別に解説!財布の夢のつのシチュエーションと意味とは?

4)財布の夢での登場人物とその意味とは?

5)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

6)財布の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイントとは

今回の記事を参考に、是非自分の周りにある大切なものを、より大切にするきっかけとなっていただけたら幸いです。