ビールを注いでいるバーテンダー

お酒の夢占いは、自分の交流関係や職場や学校、家庭などの人間関係を示すことがあります。やや「暗示」に近く、自分が酔っているのか、相手が酔っている姿を見るのかで、その夢占いは違った暗示となります。お酒に関する夢占いを解説いたします。



お酒の夢には人間関係の暗示が?夢占いの9つの意味とは


1)お酒の夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

お酒の夢を見るのは、普段からお酒を嗜む人の方がこの夢を見る確率は高いです。しかし、中にはお酒というアイテムと関わりのある宴会というシチュエーションでは、お酒を飲めない人でもこの夢は、非常に深い意味があるのです。

お酒はリラックスして、体を休めたり、あるいは楽しく笑いも起こると同時に、人の本音を引き出すトリガー(引き金)ともなります。お酒に関わる夢の夢の占いは、そんな人間関係の心模様を写す鏡なのです。

2)シーン別に解説!夢の9つのシチュエーションと意味の違い

(1)吉夢

・大勢の中で皆が酔っ払って笑っていた

楽しい笑いは幸福を示すもので、周囲が酔ってみえるのは「自分の成長」が周囲の人の幸福を呼び込んでいるからです。夢占い的には、今はどの努力も前進、そして報われる兆しが出ています。前向きな気持ちを長く維持するために、休暇は出来るだけ運動や、遠出をすると更に運勢が良くなり上昇機運に恵まれるかもしれません。

・お酒を何度も注文していた

自分の能力は今が最高潮に差し掛かっています。再発見、新しいアイデアなどが次々沸き起こる兆しがあるので、外出には筆記具を持ち歩きましょう。ペンとメモが運気を更にあげるアイテムになります。自分の感性が成功や順調な運気を作っていくので、今はとても経験や知識の吸収力が高いバイオリズムになる、そんな兆しが見える夢です。

・テーブルにお酒の瓶が何本もあってそれを見ていた

空の瓶は光を通し輝きます。光る瓶なら幸運が近いことを表しているでしょう。自分の周囲の人を充分に観察していれば、いつか大切な人が見つかるかもしれません。その人は自分の運勢の鍵を握るでしょう。幸運をもたらしてくれるので、大切に対応して楽しく話すことが出来れば、その人と共に幸福の道を歩むことになります。

・何を相手が話しているのかわからないが、お酒をひたすら飲んでいた

夢占い的には「枯渇」を意味しますが、これは悪い意味ではありません。自分の実力や経験や知識を活かす場が、大きく広がってきています。チャンスが広がる兆しが出てるいるので、視野を広くなんでも積極的にチャレンジすると運気は更に好調になるかもしれません。

・一人野外の広い場所でテーブルでお酒を飲んでいた

高い目標、やりたいことが実現する予兆、暗示が現れています。この夢は、夢占い的には「運命」であり、野外の広い場所でお酒を楽しむということは、収入面や自分の境遇が、やがて恵まれた環境になりやすい未来を示します。楽しい自分に少々調子づいても、この幸運はなかなか悪くはならないので、ひたすら今は前進しても良いかもしれませんね。非常に強い幸運を表しています。

(2)注意の必要な夢

・真っ暗なバーでお酒を飲んでいた

先の見えない不安、それもかなり漠然とした自分の未来像に対して、そのように思う自分を示しています。味気ない生活、物事にやる気が出ないなど、気分も暗く沈みがちになるかもしれません。打開するには、実は夢占い的には、やることはシンプルです。まず早起きをすることです。運勢が夜に引っ張られ、朝日と共に吉兆が消えています。夜遅くまで行動するのはやめて、行動自体を午前中に持っていくと運気がガラリと変わります。

・鮮やかなカクテルがカウンターに並んでいた

夢の中の「液体に色がついている」のは、要注意の夢です。人の暴言や悪口によって自分の心がかき乱される暗示が出ています。精神的にも大きな障害を受ける可能性があるので、出来れば転居、それが出来なければ寝る部屋を変えましょう。陰口などは自分から言えば、更に悪循環になります。運勢は「色」で変わるので、室内は明るい暖色系でまとめ、自分のインナーウェアはシンプルなグレーか、黒にすると運気が変わります。

・バーテンダーと自分だけがいる店内だった

この夢は、本来付き合って良い相手と、そうではない相手を取り違えている暗示の夢です。夢占いとしては、「影法師」ですから、その人が悪運ばかりを運んで来ています。付き合ってる人なら避けるのではなく、何かの折にその人の間違いを少し指摘すると、本心がわかるかもしれません。それと、普段から2人以上のいる環境の中で勉強や仕事をすると良いので、運気が変わるのは図書館やカフェです。全く知らない他人が多い場所に積極的に行くと良いかもしれません。

・お酒を飲んだ後水を何度もがぶ飲みしていた

「渇望」を意味するこの夢占いとしては、この夢は限りなくそれに近いものです。望みがことごとく叶えられないフラストレーションが溜まっていくかもしれません。運気を変えるのは「逆にする」ということですね。出勤と帰宅のルート、どちらか一方をいつもとパターンを変える、通学でも同じようにすると運気が変わります。食事も席を変えるなど、ちょっとしたことを普段の「逆」にすることで、運気が変わる可能性があります。

シャンパングラス

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)カラフルなお酒がたくさん出てくる

色の付いたお酒は「誘惑」と「同調」です。この夢のシチュエーションの特徴は、全てのそれが悪い意味を示していることです。他人の悪口につられてかえって自分の周囲の評価を下げてしまったり、本来の自分ではない隠れた「悪」の部分が全面に出てきます。今は少し他人との同調を控え、「傍観者」として静観して周囲に対応するのが吉です。夢占い的に誘惑と同調に乗れば、不運のローテーションが始まりますので要注意ですね。

(2)カウンターしか無いバーの店内

孤独というより、これは「孤独になりたい自分」を表しています。夢占いとしては「休息」を示しているので、疲労もそろそろ限界に来ている暗示ですね。同時に心もかなり疲れる様子が、これから出てくるでしょう。休息は自宅でなくても、野外で特に水辺がベストです。池や川、噴水でもそのそばにいれば、疲れを呼び起こす悪運は流れていきます。自分の心が内側にこもるような夢占いですから、水辺はラッキーポイントとして捉えると良いです。

(3)テーブル席に人がたくさんいる居酒屋

この夢は無視難題などと現実では直面していますが、そこから逃げたい自分の現れです。宴会の席や、居酒屋で飲み歩く、あるいは知人や友人や家族の中に逃げ込み、出来るだけ避けたい気持ちが心のなかにあるのでしょう。しかしその課題や問題、様々な自分が不得意とするものは、いくら自分が避けても逃げることはできません。この夢占いでは、「失敗を恐れる」と必ず不運になる傾向があります。失敗を恐れずまずは立ち向かう姿勢で運気が変わります。

(4)たくさんのお酒の瓶がからっぽでテーブルに置いてある

この夢は「執着」です。特に物や自分のこだわりが仇となって、それが不運の元凶です。コレクションを止める、浪費をまずは抑えて、控えめな生活を心がけましょう。部屋の掃除や片付け、整理整頓をすれば普段は気が付かなった使ってないもの、やろうとして途中でやめたものが見つかるかもしれません。運気はその「発見」が変えてくれるでしょう。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)ひたすらお酒を飲んでいた

知識や経験をもっと貪欲に欲しい、それを活かしたい欲求が強くなってきています。自分を活かせる場所、普段は手に取らない書籍や、自分の趣向とは違う映画、様々な行動を起こすとチャンスが広がります。

(2)友達大勢でお酒を乾杯していた

幸運を呼び込んでいる最中で、しかもその幸運を他人まで振り分けているのが今の状態です。運気は今が一番最高潮なので、なんでも積極的に参加、トライすることでこの幸運は維持できます。

(3)甘いお酒を飲んで楽しい気持ちだった

誘惑にかられたい、あるいは周囲と同調して気が楽になりたい暗示です。どれも決して幸福を呼び込みませんので注意しましょう。またこの夢を見た時は、その後他人にあまり期待することは避けたほうが良いです。夢占い的には、「裏切り」も象徴しているからです。

(4)水のような味のお酒に戸惑っていた

無味のお酒を飲んでいるのは、自分がやがて本当の真実を知る暗示です。その時が来たら、多少の覚悟が必要かもしれません。非常に要注意なのは、その真実を快く受け入れることです。拒否したり、それを認めないと不吉を呼び込むことになるかもしれません。

5)お酒の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント

(1)自分を見つめ直すタイミング

お酒の夢は、自分の姿や行動や言葉などの、その裏に隠された本当の心を象徴する、暗示を示すことが多く、またそれが自分を変えたり、成長させるヒントを与えてくれるものです。またこの夢はお酒を飲まない人でも見ることがあるので、多くの人では自分を見つめ直す、良い機会を与えてくれるかもしれません。まずは、意識的に自分を能動的に素直に受け入れることで、運勢は必ず良い方向へと向くものです。

(2)奥底に眠っているの本心を探ってみよう

お酒の夢は、そこに他人が映し出されても、その対象にはあまり大きな意味は持ちません。自分がどのような環境にいるか、あるいはその夢の中でどう感じたかが、そのまま現実に結び使いやすいため、非常に暗示の要素が強いです。自分の心はなかなかその深部までは、多くの人は気がついていない事もあります。

夢の中では、そうした心模様を映し出す鏡の役割があるかもしれませんね。より良い自分の心と、また本音や建前などはバランスがとても重要です。お酒を飲む、あるいは夢にお酒が出てくる時は、自分の本心に触れるチャンスだと思うと良いかもしれません。



今回のまとめ

1)お酒の夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の9つのシチュエーションと意味の違い

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)お酒の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント