スマートフォンで花を撮る女性

写真と言うのはその名のとおり、「真実を写す」ことです。最近では、携帯電話やスマートフォンで写真を撮ったり、本格的なカメラで撮影をしたりと、様々な写真の撮り方があります。今回はそんな「写真を撮る」夢の意味や解説を夢占いでご紹介します。



写真を撮る夢の意味って?夢占いによる6大理由とサイン


1)写真を撮る夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

そもそも写真を撮ると言うことは、人・景色・物などの被写体に対して、写真を撮る人物が持った関心や興味を表します。例えば、「景色が綺麗だったから」とか「動物が可愛かったから」などの理由が挙げられます。また、自身の心の状態や恋愛なども表します。つまり、「被写体(人物や物、景色)に対して、自分が関心や興味を持っている」・「写真の状態=自分の心の状態」と言えます。

2)シーン別に解説!写真を撮る夢の3つのシチュエーションと意味とは?

(1)吉夢

・写真が綺麗に撮れていた場合

これは、心が穏やかな状態であることを表しています。また、良いことが起きる暗示とも言われています。

・異性が写っている写真の場合

これは、恋が近づいている暗示です。また異性から興味や好意を持たれていることも表します。

・誰かが写真を撮ってくれている場合

これは、あなたへの好意の表れと言われています。その相手が同性・異性問わず、友情にしても愛情にしても、良い意味を表しています。

(2)注意の必要な夢

・写真の写りが悪い場合

これは、自分の心の状態の悪さを表します。例えば、何かしら気に入らないことがあって機嫌が悪いなどの状態が、そのまま写真と言う形になって表れているのです。

・怖い写真の場合

これは、心が不安定な状態を表しています。特に女性がこの夢を見た場合は、心身の体調の変化の表れとも言われています。

・昔の写真を眺めている場合

昔の写真を眺めている場合、ただ懐かしんでいると言うこともあります。昔の栄光や楽しかった頃を振り返り、あの頃に戻りたい・今の現状に不満があると言った意味も表します。今現在の現状に対して、多かれ少なかれ何かしらの不満や物足りなさを感じているのかもしれません。

カメラと本

3)写真を撮る行動以外に関わりのあった特徴的なものとその意味とは?

(1)自分や相手の心身、状況の良し悪しを表す

写真の写り具合や明るさによって、自分自身や写真を向けている対象の状態を表します。

(2)良いことや悪いことなどの前触れを表す

良いことや恋、あるいは悪いことの前触れを表します。

(3)自分自身を客観的に見て考えるきっかけになる

写真を通して、今の自分を客観的に見た時、自己顕示欲の高さなどを表します。人に言われて落ち込むより、自分で理解した方が捉え方も違ってきます。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)自分が写真を撮っていた場合

これは、自分のことをわかってほしい、認めてほしいと思う気持ちの表れとされています。人にアピールできるだけの自信があることは良いのですが、度が過ぎれば独りよがりにすぎません。ほどほどにしておきましょう。

(2)人から写真を撮られていた場合

これは、人から興味や好意を向けられていることを表します。あるいは、相手が自分に対して伝えたいことがある、伝えきれていないことがあることも表します。もしも、思い当たることがある場合、それとなく相手の様子を伺ってみることをお勧めします。 

(3)写真自体を眺めている場合

これは、その写真に写っている対象や状態にもよりますが、その対象に対する自分の想いやトラブルの兆しを表します。ちなみにトラブルの兆しは、遺影に写った写真を見た時とされています。

5)写真を撮る夢を見たら!今後の行動や心構えのポイントとは

写真は、自分や相手の状況や心身の疲れ、対象に対する想いなどを表します。例えば、自分が写真を撮っている夢が続いた場合は、自己顕示欲が高い自分を見直す良い機会になります。また、心身の疲れと言った目に見えないものからの警告を表すこともあるので、きちんと休養する目安にもなります。

異性の写真の夢では恋が近いことを表すなど、良いことも悪いことも夢は顕著に表します。とは言え、夢の内容に左右されすぎるあまり、深く考えすぎたり、思い込んでしまうのは良くありません。あくまできっかけの1つに過ぎないことなので、固執しすぎないようにしましょう。



今回のまとめ

1)写真を撮る夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!写真を撮る夢の3つのシチュエーションと意味とは?

3)写真を撮る行動以外に関わりのあった特徴的なものとその意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)写真を撮る夢を見たら!今後の行動や心構えのポイントとは