洗面台で手を洗っている女性

トイレの夢占いは、生理的な変調を示す、自分の体調を表している夢のことが多いです。夢の中でトイレで用を済ませているのか、または不思議な場所などのシチュエーションの違いによって、大きな違いがあります。トイレの夢占いを詳しく解説いたします。



トイレの夢は体調の変化を暗示?夢占いの9つのワケとは


1)トイレの夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

トイレの夢は、自分の体に関わりが深く、その行為は人の絶対的な生理現象です。また精神的な意味では、不眠や睡眠障害に悩む人の中には、このトイレに行く夢などを頻繁に見る例があります。同じ自分の体の変調でも、トイレの夢の場合の夢占いとしては、自分の深層心理の本当に深い場所にある、”本質”を垣間見せる時があるのです。

2)シーン別に解説!夢の5つのシチュエーションと意味の違い

(1)吉夢

・公衆浴場のような大きなトイレで裸でいる

トイレであるはずなのに、大きな公衆浴場のようになっており、便器そのものが個別に無いようなシチュエーションを夢を見る場合があります。これは、人間関係で現実に大きく変化をした兆しですね。吉兆の中でも「自分が最も嫌いな人」に対して、強く出られた事を心で感じている現れです。夢占い的には、「報復の成功」を意味します。心が優しい人ほど、あまりに傍若無人な相手に対しても、強い憎しみは抱くものではありません。しかしその強い幸運のお陰で、相手にその悪意を反射して浴びせているような夢ですね。ストレスから解放されるような気分になれるかもしれません。

・大きな建物の中でトイレの場所を探している

トイレは日本では「ご不浄」というように、本来であれば用をたす以外は、人からはあまり好まれるような場所ではありません。そのトイレを探すシチュエーションは、「問題を見つけようとしている」という心の現れですね。何とか問題を解決しようようと、現実ではかなりもがいているはずです。しかし、その問題そのものは、解決よりも前に消滅するでしょう。もうすぐ続いてきた苦しみは無くなります。夢占いとしては、次に訪れる転機を示すとして見ることができます。

・寝室の隣にすぐトイレがありトイレのドアを開けた

トイレの夢にある「トイレ」とは現実では「排泄」ですが、夢として現れる時は、そのトイレが意味するものは、「問題」とか「トラブル」の象徴です。あるいは悩みということも見ることが出来ます。トイレのドアを開けるということは、その問題、悩みを何とか解決したということです。

この夢のような寝ている中で、トイレと関わりのある夢を見る場合は、これもまた問題やトラブル、悩みの解決が近いことを夢占いでは表します。「トイレを探す」のと違う点は、そうした自分に降るかかる災難、厄難が消滅するのではなく、自分で解決できるということです。夢占い的には「閃き」を意味します。自分のアイデア、あるいはふと心に浮かんだ事が、そのまま解決の道標になっていくでしょう。

・トイレの中に大勢の人たちが居て自分も順番待ちをしている

このようなトイレの夢は、幸運が巡って来た時、次々と連続して短期間に起こる事を意味しています。夢占いとしては、予知夢ですね。今体調がすぐれないのなら、徐々に良くなっていき、快方へと向かうかもしれません。トイレの夢は、運勢が良い場合はトイレのすぐ近くに自分がいる場合が多いのです。この夢を見た場合は、くよくよ悩む必要は、これからはも無いと考えても良いかもしれませんね。

・野外のトイレで空を眺めながらしている

開放的は気持ちになるこのトイレの夢のパターンは、「旅行」によって幸運がもたらされる事を意味しています。近いうちに休暇をとれるなら、なるべく遠い野山に出かけると運勢が非常に良くなるでしょう。野外に幸運があるような夢占いです。木陰の少ない広い野原なら、それまであった不運全てがそこでゼロにリセットされるかもしれません。とにかく晴れた休日に出かけるようにしましょう。

(2)注意の必要な夢

・トイレの便器に足をいれてしまった

自分の身近な人から、嫌なことを言われたり、嫌な思いを聞かされる予兆を感じさせる夢です。家族、知人や友人から思いもかけない事を言われる場合もあります。夢占い的には「喧嘩」ですから、この夢を見た時は自宅以外に出かけて、出来るなら仕事でもプライベートでも、自宅以外の場所で過ごす時間を長くとるように心がけましょう。良かれと思って反応したり言い訳を言ったりすると、余計にこじれて収拾がつかなくなる恐れがあります。とにかく自分がよく知っている相手とは、物理的な距離を離せばしばらくはトラブルを避ける事ができます。

・すごく汚れた狭いトイレだった

かなり汚れたトイレの夢は、「実現しそうにない計画やプラン」に対して、自分が無謀な挑戦をしている時に見るような夢です。自分が頭で描いたその計画やプランは実現することは、非常に難しいかもしれません。運勢を変えるのは、ある程度自分より目上の人、つまり年齢の高い人に相談すると幸運とは呼べないまでも、運命が変わるかもしれません。この夢占いでは、自分だけでは解決しない事を意味しますので、あまり無理をしない方が良いでしょう。

・便器があまりに小さく上手に出来ない

自分のやることが空回りし、加えて体調不良で人に迷惑をかけてしまうかもしれません。特に夜間の間に体調を崩しやすい予兆がある夢です。お酒や間食を控え、外食も避けたほうが良いかもしれませんね。食事に不運がつきまとう夢占いになります。しかしこの運勢を変えるのは比較的簡単で、キッチンで火を使う調理を自分ですれば、その炎で不運は燃え尽きてくれます。体調が悪くても、出来るだけキッチンには立つようにしましょう。

・誰もいない建物の中でトイレを探している

大きな建物の中なら前述のように、幸運の兆しですが、誰も人がいない中でトイレの場所が見当たら無いのなら、夢占い的には「失望」です。今のところ何をやっても上手くいかないかもしれません。しかもしれは、結構、長期にわかって続くので非常に注意が必要な夢です。

かなりしつこい不運がつきまといますので、不幸を呼び込まないようにするため、寝室などに「お香」をたくと良いですね。仮に自分がいつも疲れていると感じているのなら、それはこの運勢によるものですから、休息よりもまずは出来るだけストレス軽減につとめると運勢が少しずつ良くなっていくでしょう。

トイレ

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)すごく広いトイレ・大きなプールのようなトイレだった

念願だった事、どうしても自分ではどうにもならなかった運命が変わる夢に出てきます。このような現実ではあり得ない大きなトイレ便器の姿は、やがて軽くなる自分の心の現れです。明るくなれる希望がある夢ですので、多少の期待はしても良いでしょう。

(2)公衆浴場の中にトイレがあった

広いトイレと同じで、今度は集団の中での自分の運勢が、やがて大きく変わる予兆を示しています。今すぐというわけにはいきませんが、訪れる時期は近いです。その集団の中で他人が、自分に何かをしてくれるわけではありません。その集団の中にいることで、自然と自分に幸運が吸い寄せられます。

(3)学校の中にあるトイレだった

かつての知人や友達との再開が近いうちにあるかもしれません。ただし、その校舎の中で「誰もいない」なら、会ったことであまり吉兆は無いかもしれません。もしもその学校で、同級生他、顔は知らなくても多くの人とすれ違うなら、久しぶりに会った知人や友人を通して、自分が抱えている悩みなどを解決するきっかけをつくってくれるでしょう。

(4)会社の中にあるトイレだった

この夢のシチュエーションは、まるで会社と自分の関係性があるようで、実は真逆の意味を表しています。この夢は外にいる間に、自宅で不運が近づいていることを意味しています。夢占い的には「火」に気をつけるような暗示を示します。

しかも思いもかけないところで、火の元を見る場合があるので、自分の部屋や住宅の周り、あるいはキッチンやお風呂場などを掃除しましょう。汚れのある箇所に不運がこびりついています。掃除を終えたら、洗面台やお風呂場などで安全な形で「お香」をたくとよいです。あるいはロウソクでも構いませんので、短い物を燃え尽きるまでその場で見ていましょう。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)用をたしていたが途中で目が覚める

とっさのアイデア、あるいは閃きが得られる夢のパターンです。夢から覚めたら窓を全開にして空気を入れ替え、仕事でも勉強でも、あるいは家事でも良いのですぐ始めるとその日から運勢が良くなる兆しが出ています。

(2)トイレを順番待ちで耐えられずにドアを叩いた

苦手な人物、嫌いな人物が自分に関わり何か相談をしてくるかもしれません。しかし、解決どころか余計にトラブルに巻き込まれる予兆があるため、やんわり断った方が良いですね。相談ごとなら「よくわからない」と話をはぐらかすのも良いです。自分がわかることでも、まず相手が気がつくまで放置しておく方が吉となります。

(3)大勢の人が一斉にトイレで用をたしていた

調和のとれた人間関係を築けており、夢占い的には「安泰」を示すパターンです。幸運と呼ぶためにはまだまだ弱い予兆ですが、今行っていることは継続することで、幸運を呼び込むことが出来ます。ただし体調に気をつけるようにしましょう。トイレの夢全般に言えることですが、トイレの夢で幸運を示すような場合でも、健康を害していた場合は、幸運の度合いは短く薄いのが特徴です。

(4)トイレの中で裸足だった

怪我や病気などが、徐々に重くなる予兆が出ている夢です。もし寝室で自分の頭を南向きにして寝ているのなら、北向きに寝る位置を変えたほうが良いかもしれません。この夢を見た時は、体調が今よくても変調の兆しは近いので要注意です。体を特に冷やさないように注意が必要かもしれませんね。

5)トイレの夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント

(1)日常のストレスを再確認

トイレの夢は、悩みやストレスで自分の体に変調をきたしたり、あるいはそうした体調不良で余計に不運を呼び込みやすい場合もあります。反対にそうした心配がない場合で、吉兆を示すパターンや、シチュエーションのトイレの夢を見た場合の吉兆は気分も晴れ晴れとして、ストレスから解放される気分に変わるでしょう。また不運な場合でも、自分のスピリチュアルな行動で不幸を防ぐことが可能なのが、大きな特徴です。そういう意味では、幸運も不幸のどちらもあまり大きなものではないのが、トイレの夢の特徴ですね。

(2)この機会に水回りを清潔に

トイレの夢は、自分が実際にそういう気分や、体の生理現象によって見るといったことは少ないです。他人から影響を受ける自分が、どういう運命になるのかを夢占いでは捉える事ができます。特に「トイレを探す」、「トイレの大きさ」、「トイレのドア」や「トイレと自分との距離」については、要注目です。

トイレの夢は、トイレの外にいる場合と、トイレの中にいるパターンでかなり運勢が異なります。更には、現実ではトイレ自体を自分がどのように扱っているかでも、幸運や不幸の度合いは違いますので、常にトイレは清潔にしておくことは、幸運を呼び込みやすいといえますね。水のある場所はその家庭や住宅の運勢も示すと言われています。



今回のまとめ

1)トイレの夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の9つのシチュエーションと意味の違い

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)トイレの夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント