嵐のイメージ

「嵐の前の静けさ」や「花に嵐」と言うことわざをご存知でしょうか?「不吉なことが起きる前触れ」「良いことには邪魔が入りやすい」と言う意味があります。

そんな嵐の夢には、どんな意味があるのでしょうか?夢占いの診断とともに、いくつかの例を交えながら紹介します。



嵐の夢にはどんな意味が?夢占いの◯つの暗示とは

1)「嵐」に関する夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは?

嵐は、周りのものを巻き込んで勢力を上げていきます。そんな嵐の夢は、「激情・状況の目まぐるしい変化・抑え込まれた感情」などの意味があります。嵐の状態、嵐に対する印象によって、意味が違ってきます。

2)嵐の夢に関する吉夢5選

(1)稲光が印象的だった嵐の夢

これは、直観力が上がることによって、思いがけないひらめきを得られることを表します。何かに迷っているのであれば、良い答えを得ることができるでしょう。何もなくても、何かしらのきっかけを得る橋渡しにもなるはずです。

(2)嵐の中に青空が見えた夢

これは、物事が良い方向に向かっていくことを表します。覆っていた雲が開けていくように、物事の巡りが良くなっていくでしょう。澄んだ空気の中で、物事を進展させていきましょう。

(3)嵐が落ち着いた夢

これは、慌ただしかった状況が落ち着くことを表します。バタバタして疲れていたのかもしれません。ここで一息入れて、心身をリフレッシュさせましょう。

(4)嵐から逃げずに立ち向かった夢

これは、どんな苦境にも逃げずに戦えることを表します。人は苦境から逃げれば逃げるほど、どんどん苦しさを感じてしまうのかもしれません。あえて正面から向き合うことで、精神的にも大きな成長が期待できるでしょう。

(5)嵐によって追い風を受ける夢

これは、目標を達成できることを表します。大なり小なり、目標に向かって努力することは素晴らしいことです。それを達成できることで、成長以上の成果が出るかもしれません。

3)嵐の夢に関する注意の必要な夢5選

(1)豪雨を伴った嵐の夢

これは、全体的に運気が低迷してしまうことを表します。何をしても裏目に出てしまうかもしれません。一喜一憂することのないようにしましょう。

(2)雷が轟いた嵐の夢

これは、対人関係が上手くいかないことを表します。軋轢(あつれき)が生じて、関係修復が不可能になってしまっては大変です。相手に対する言葉遣いや態度が横柄(おうへい)になってしまわないように、注意しましょう。

(3)嵐によって、吹き飛ばされた夢

これは、大きな挫折を経験することを表します。挫折は味わいたくないに決まってます。が、挫折を経験したからこそ、大きな価値観を得られることもあります。

(4)嵐が近づいてくる夢

これは、不吉なことが起きる前兆を表します。が、あまり思い詰めることはありません。あくまで用心に越したことはないと言う意味で捉えましょう。

(5)嵐で家が破壊された夢

これは、大事なものが壊れてなくなってしまうことを表します。形があるものないもの問わず、大事なものほど壊れてほしくないものです。そうなってしまわないように、全力で守り抜きましょう。

雷と雨雲

4)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)暴風が印象的だった嵐の夢

これは、窮地から状況が反転することを表します。もうダメだと諦めかけた時こそ、実はチャンスなのかもしれません。その時のために、しっかり準備をしておきましょう。

(2)船が嵐に遭った夢

これは、自力で問題を乗り越えることができない状態を表します。自分1人では限界があることもあります。そのことを恥じることはありません。

(3)嵐で海が荒れている夢

これは、心がささくれたっている状態を表します。抑えきれない激情が、心を支配しているのかもしれません。何が原因なのか、冷静に客観的に分析していきましょう。

(4)嵐で木が折れた夢

これは、対人関係にトラブルが生じ、関係が悪化することを表します。喧嘩両成敗とあるように、トラブルが起きることはお互いの問題でもあります。自分の何がいけないのか、反省すべきところを振り返ってみましょう。

(5)嵐に巻き込まれた夢

これは、運気が安定していないことを表します。と言うことは、逆に言えば好転する可能性もあるわけです。諦めずに、前向きに考えてみてはいかがでしょうか?

5)自分の行動によっても意味は違う?嵐の夢の中での行動の違いとは?

(1)嵐に恐怖を感じていた

これは、理由もなく不安に苛まれていることを表します。不安になることは、決して理屈だけで説明できることばかりではありません。一刻も早く不安から解放されるように、気分転換をしてみましょう。

(2)嵐から避難していた

これは、最後には状況を打開できることを表します。どんなに厳しい立場に置かれても、最後にはきちんと道を切り開けそうです。大丈夫です。自分を信じましょう。

(3)嵐に恐れを抱かなかった夢

これは、感情の起伏をコントロールできていることを表します。自分の感情であっても、時と場合によってはコントロールできなくなることもあるでしょう。それをコントロールできると言うことは、自分のことをわかっていなければできないことです。どんなに嫌なことがあったとしても、負の感情に支配されないようにしたいですね。

6)嵐に関する夢を見るのはなぜ?これからの生活のポイントを解説

ここまで、嵐の夢に関して紹介してきましたが、いかがでしたか?吹き荒れる嵐は、まさに不意打ちでやってくるアクシデントのようなものです。それは、周りの環境や建物を荒らして破壊していくだけでなく、自分の気持ちや対人関係にも影響を与えることもあるでしょう。

自分で乗り越えていけるものもあれば、不可抗力で太刀打ちできないこともあるでしょう。だからこそ、逃げずに立ち向かうことが必要だと言えるのではないでしょうか?たとえそれが「火を見るよりも明らか」なことであっても、「参加することに意義がある」のです。

自分1人の力やできることは限られているとしても、逆にそれが大きな力を発揮することもあるはずです。どんなことがあっても、前を向いて進んでいけば、きっと光が差します。



まとめ

1)「嵐」に関する夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは?

2)嵐の夢に関する吉夢5選

3)嵐の夢に関する注意の必要な夢5選

4)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

5)自分の行動によっても意味は違う?嵐の夢の中での行動の違いとは?

6)嵐に関する夢を見るのはなぜ?これからの生活のポイントを解説