悩んでいる女性

クレーム、それは言われる側はもちろんのこと、言う側も決して気分が良くはないものです。クレームの理由はどうあれ、一方的になれば、解決するものもできなくなってしまいます。そんなクレームの夢は、どんな意味があるのでしょうか。夢占いの診断と一緒に、例を交えてご紹介します。



【夢占い】クレームの夢とは?夢の8つのサインを解説


1)クレームの夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

クレームはつけるつけられる以前に、現実でも夢でも嫌なものでしかありません。そんなクレームの夢は、「自身の焦りやストレス・人間関係の良し悪し」を表します。誰に、どんな風に、クレームをつける側かつけられる側かによって、意味が変わってきます。

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

(1)吉夢

・クレームをつけて気分が晴れた夢

これは、夢でクレームを発散できたことで、気分が晴れたことを表します。自分の気持ちを吐き出せたことで、気分がスッキリしたのかもしれませんね。

・人に対してのクレームの夢

これは、その人にクレームをぶつけることで、その人との関係が良い方向へ進むことを表します。つけられた方としては災難かもしれませんが、冷静に話し合うことで、お互いの思うところがわかると言うことではないでしょうか?

・恋人がクレームをつけている夢

これは、恋人との仲が深まることを表します。恋人に自分の気持ちをぶつけることで、相手の気持ちを知って、歩み寄る機会になると言えます。

・ののしりながらクレームをつけている夢

これは、金運が上昇傾向にあることを表します。ののしることは嫌なものですが、そのことで思いがけずに金運が上がるとは不思議な夢ですね。

・怒鳴りながらクレームをつけられた夢

これは、人生に大きな転機が訪れることを表します。怪我の功名とあるように、嫌なことの中に良いことが待っているかもしれません。

(2)注意の必要な夢

・怒鳴りながら、クレームをつけている夢

これは、抑えきれない不安を表します。声量が抑えられないように、不安になる気持ちも抑えきれないのかもしれません。不安は、誰しもが少なからず持っていたり、ある時ある日突如湧いてくるものです。

・クレームをつけている夢

これは、少しでも怒りの感情を発散させたい気持ちを表します。現実で収まりきらない怒りを、夢で消し去りたいのかもしれませんね。

・クレームをつけている人をなだめようとしている夢

これは、自分の考え方に偏ってしまっていることを表します。自分の考えだけが、物事の判断基準ではありません。あらゆる可能性や視野を持ちましょう。

タブレットを見ながら考え事をしている女性

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)クレームをつけてきた相手のことが好きか嫌いか=落ち込むかハングリー精神を発揮する

これは、クレームをつけてきた人が自分の知り合いだった場合のことを表します。確かに好きな人に怒られたらショックですし、嫌いな人に怒られたら逆に怒りや見返してやりたい気持ちになりますね。

(2)夢から覚めてもまだスッキリしていなかった=怒りの感情がくすぶっていることでストレスが残っている

これは、夢でも出し切れなかった怒りがくすぶっていることで、ストレスが残っていることを表します。しかし、怒りの感情は個人差はあっても徐々に冷めていくものです。まずは冷静になって感情的な考えにとらわれずに、客観的な考えも持ちましょう。

(3)ためになるクレームをつける

これは、運気がゆるやかに良くなることを表します。ただのクレームではなく、こうしたら良いなどのためになるクレームは長い目で見れば有り難い物です。自分では気づかない・考えもつかないことを、客観的・中立的な意見=クレームと言う形で表したと言えます。言われた時は傷ついたり、悔しかったりしても、貴重な意見の1つとして受け止めましょう。

(4)人以外に対するクレーム=感情に支配された考え

これは、感情でいっぱいになって後先も考えないことを表します。感情だけで発言・行動しても、結果はついてきません。考える余裕も持ちましょう。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)クレームをつけて、気分が晴れた

これは、言いたいことをぶつけたことで、気分が晴れたことを表します。言いたいことは後回しにしないで、その場で言い切った方が後でくすぶることもなさそうです。

(2)クレームをつけている人をなだめていた

これは、自分の考え方に偏ってしまっていることを表します。自分の物差しだけが、全てではありません。様々な考え方を知ることで、もっともっと成長できそうです。

(3)怒鳴りながらクレームをつけられていた

これは、人生に大きな転機が訪れることを表します。嫌なことの後に、良いことが待っていると思えば乗り越えられそうです。

(4)恋人にクレームをつけていた

これは、恋人との仲が深まることを表します。恋人の気持ちを知ることで、歩み寄る機会ができそうです。

5)クレームの夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント

ここまで、いくつかの例とともにご紹介してきましたが、いかがでしたか?クレームはつけるのもつけられるのも、良い気分はしないものです。そこには、自分の気持ちをわかってほしい・抑えきれない感情などが渦巻いています。とは言え、何よりも一度冷静になることが重要です。それがどんなに的を射たクレームであっても、言われる側の立場としてはその言い方に傷ついたりすることもあるのです。

受け取り方は人それぞれと言ってしまえば確かに一理ありますが、自分が言われる側でもそれは然(しか)りでしょう。感情的にならず、言いたいことを冷静に相手に伝える、それから相手の意見も聞きましょう。それでも言い足りなければ、また冷静に伝える、そして相手の意見を聞く、その繰り返しによって答えが見えてくるのではないでしょうか。



今回のまとめ

1)クレームの夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)クレームの夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント