合格通知書

試験に合格する夢、これは試験を前にした方や試験前のように、精神的なプレッシャーを感じる時に良く見る夢のようです。それは「評価を得たいという欲求と現在の出来事への不安」を表すメッセージです。今回は合格の夢を見る意味や夢占いによる理由を紹介します。



【夢占い】合格の夢の意味とは?4大理由と暗示を解説


1)合格する夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

合格する夢を見た場合、合格するという事は、そもそも何かしらの試験について夢を見ると言う事です。「受験」「オーディション」「資格試験」「仕事のコンペ」などなど、様々な「シーン」があると思います。夢占いでは、試験の種類は重要でなく、「試験結果」「試験での行動」「試験へ の関わり」が分析のポイントとなります。

2)シーン別に解説!合格する夢の2つのシチュエーションと意味

まずは試験の結果について解説します。試験の合否については、「合格」「不合格」の2つしかありません。合格した夢は良い印象、不合格では悪い印象を持つかと思いますが、夢占いでは逆夢と言う暗示であり、解釈は異なります。

(1)吉夢

・試験に落ちる(不合格)

実際に試験を受ける前にこの夢を見た場合は、良い結果が得られるという暗示です。しかし、試験を受ける予定が無い場合は、周囲からの評価に不安を感じている暗示でもありますので、自己評価は避けましょう。

(2)注意の必要な夢

・試験に合格する

実際に試験を受ける前にこの夢を見た場合は、悪い結果が得られるという暗示です。自分の努力が足りない時や、不安を感じている時に見る可能性があります。 

3)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

試験の合否に何が暗示されているかをご説明しましたが、試験でどう行動していたが合否問わず重要なポイントです。

(1)試験問題が易しい

実際には、試験で困難な状況におちいる又は苦労することを暗示しています。試験においてのケアレスミスを示していますので、注意が必要です。

(2)試験問題が難しい

実際には、試験合格への運気が上昇することを暗示しています。試験対策しているからこそ不安を感じているので、自身を持つことで目標が達成されることを示しています。

(3)試験問題が早く終わる

想定よりも簡単で早く終わった夢を見た場合、試験合格への運気が下降していることを暗示しています。試験に対して油断していることを示しており、更に努力をする必要があります。 

(4)試験の時間が無くて焦っている

早く試験を終えたいと思っていることを暗示しています。やるべきことが多く迷いに生じていることを示していますので、今後計画的に努力する必要があります。

大学 校舎

4)夢の中で自分は試験にどうかかわっていた?意味の違いとは

夢で自分がどう行動し、その結果「合格」か「不合格」により、試験に関係する夢占いの結果を解説しました。しかし、試験の夢には「合格」「不合格」が判別できない、もしくは「受験生でない」夢を見ることもあると思います。そこで、その他の試験に関連する「シーン」と解説をします。

(1)試験会場に遅れてしまう

自分が神経質になりすぎていたり、不安になりすぎていることを暗示しています。課題が直面しているなど精神的な緊張を示していますので、気持ちを落ち着かせる必要があります。

(2)他人が試験で合格している

現在苦労している事が、これから達成されると言う暗示です。近い将来チャンスが訪れるということを示しています。

(3)試験官になっている

自分が自信過剰になっていることの暗示や自分が試験に対してストレスを感じて いることを示しています。

5)合格する夢を見たら!今後の行動や心構えのポイントとは

合格する夢を見ると言うことは、試験を受ける事です。試験を受ける前の心の不安やプレッシャーを感じる事で、見ることの多い夢であり試験結果に直結する夢となります。合否結果が夢占いと現実では逆になる事が多く、合格した夢を見た方は、今一度身を引き締めて、注意してみましょう。

自分の潜在的な気持ちや考えをストレートに受け止め、試験には常に一生懸命の努力と自分への自信を深めて挑んで下さい。試験中も慎重に、ケアレスミスは回避してくださいね。



今回のまとめ

1)試験の結果の夢は、現実には逆夢になる暗示

2)試験時の自分の行動が、今の気持ちを表している

3)試験の合否以外の夢は、精神的な問題を示している

4)合否の夢は、現実の自分に直接的なメッセージを出している