布団は、快適な睡眠に欠かせません。。布団の良し悪しもそうですが、自分好みの布団や寝心地の良さが睡眠の質を大きく左右します。そんな布団の夢には、どんな意味があるのでしょうか?夢占いの診断とともに、いくつかの例を交えながらご紹介します。



1)布団が夢に出てきた?代表的なメッセージとは?

布団が夢に出てくると言うことは、それほどまでに疲れているのかと心配な気持ちになってしまいそうですね。そんな布団の夢には、「心身の調子の良し悪し・休息・交友関係の良し悪し」などの意味があります。布団をどうしているのか、どんな布団かによって、意味が違ってきます。

2)布団の夢に関する吉夢4選

【1】ふかふかな布団の夢

これは、心身がやすらぎに満ちている状態を表します。実際にふかふかな布団に寝転ぶと、とても気持ち良いですよね?体が快適になると、心がリラックスできます。心身のやすらぎは、生きていくうえでとても幸せな状態と言っても良いでしょう。

【2】布団を干す夢

これは、休息によって、少しずつ本来の自分に戻ることを表します。ささくれ立っていた自分に潤いが与えられていく感覚でしょうか?休息は決して堕落ではありません。休息によって得られる安寧やエネルギーによって、次のステージに進む原動力になるからです。しっかりと休息をとって、本来の自分を取り戻しましょう。

【3】布団を敷く夢

これは、背伸びすることなく、ありのままの自分で過ごせていることを表します。生きていく中で、自分を良く見せようとして背伸びをすることがあるかと思います。しかし、それを継続させることはできなくもありませんが、しんどくなることもあるでしょう。ありのままの自分でいられることの幸せをより感じることができるでしょう。

【4】異性と布団で寝ていた夢

これは、異性との関係が良好であることを表します。それによって、特定の異性との関係が発展するかもしれません。異性は、自分とは違う感性を持っている存在です。異性との交流によって、自分の感性も磨くことができそうですね。

3)布団の夢に関する注意の必要な夢4選

【1】ボロボロの布団の夢

これは、心身ともに傷ついてしまうことを表します。布団のボロボロ度合に比例するでしょう。中には深い傷もあるかもしれません。傷が早く癒えると良いですね。

【2】自分の布団を他の人が使っていた夢

これは、他の人が原因で思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことを表します。とばっちり極まりないですね。これ以上被害を拡大させないためにも、早々に手を打つ必要があります。事態の収拾を図りましょう。

【3】煎餅布団の夢

これは、何かしらのことが原因で心身に不調を来たしてしまうことを表します。中には様々なことが重なったことによって、生じてしまうことがあります。1つのきっかけで好転することもあれば、好転に時間を要することもあるでしょう。焦らなくても良いので、心身のためにもゆとりの時間を持ちましょう。

【4】布団がないまま寝ていた夢

これは、息が詰まるほどに苦しい立場に置かれていることを表します。まるで、生き地獄のようですね。思わず逃げ出したくなっても無理もないことですが、一度逃げると逃げる癖がついてしまいます。合間に何もしない時間を持つなどして、心身のガス抜きをしながら、事態を突破させましょう。

4)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

【1】布団に血がついていた夢

これは、配偶者や恋人が浮気をしてしまうことを表します。相手の裏切りに怒りや悲しみが渦巻くのはもっともですが、相手ときちんと話し合うなどの対策が必要です。感情的になる前に、一呼吸おいてみましょう。これを機会に相手ととことん議論しましょう。

【2】布団が燃えていた夢

これは、恋愛関係に暗雲が立ち込めることを表します。相手との間に溝が生じる出来事がありそうです。好きだからこそ縛り付けたり、相手はわかってくれると雑になってしまったりと、様々なことがあるかもしれません。今一度、相手に対する態度などを見直してみましょう。

【3】不要になった布団を捨てた夢

これは、しがらみから解き放たれることを表します。要らなくなったものを捨てることで、物理的にもスッキリすることができるでしょう。どんなことでも、しがらみの有無によって大きく左右されます。しがらみがないことによって、人間関係なども円滑になるでしょう。

【4】自分以外の人が布団を畳(たた)んでいた夢

これは、畳んでいる相手への依存が強いことを表します。相手がいないと困るようです。軽度なら可愛いですが、重度になると相手には大きな負担になってしまうでしょう。相手だけに押し付けることはやめて、自分だけでもできることを増やしていきましょう。

【5】布団を買った夢

これは、結婚の予兆を表します。他にも新しい生活が始まるなどの意味もあります。どちらにしても、人生の新しい一歩を踏み出すことなので、おめでたいですね。新たな人生を楽しく歩き出しましょう。

5)自分の行動によっても意味は違う?夢の中での行動の違いとは?

【1】自分の布団を奪われていた

これは、奪った相手に縛り付けられていることを表します。相手からの束縛などによって、心身ともに辟易(へきえき)しているようです。相手と一定の距離を取る必要があります。息切れしてしまう前に、対処しましょう。

【2】病気などで長く布団に寝付いていた

これは、不吉なことが起きる前触れを表します。あなたにとって、もっとも望まない展開が待ち受けているでしょう。何があるかわからないので、心構えをしておきましょう。それによって、冷静に受け止めることができるでしょう。

【3】布団をしまっていた

これは、心に引っかかっている不安をなくしたい気持ちを表します。モヤモヤとした感情が渦巻いているようです。不安は残せば増大してしまいます。不安と言う名の火種を消し去りましょう。

6)布団に関する夢を見たら!これからの生活のポイントを解説

以上が、布団の夢占いに関する紹介となりますが、いかがでしょうか?布団は眠りを快適にしてくれるだけでなく、傷ついたり不安を抱えた時癒してくれる効果も期待できます。辛くて苦しい時、布団にくるまって休息を取ることは悪いことではありません。

むしろ、そうした充電期間を持つことによって、ストレスの多い現代社会と言う荒波を乗り越えていけるのなら、必要不可欠なことなのです。人は1日の約3分の1は眠ることが理想とされていますが、実際はそうもいかないことが多いかと思います。だからこそ限られた時間で眠るにあたって、布団の質は重要となるわけです。なので、皆様も自分にとって寝心地の良い布団で眠って、明日の英気を養ってくださいね。


あなた自身のこと、ちゃんと理解できていますか?
あなたの恋愛観が分かる心理テストをLINE@にて配信中!
↓2クリックで登録する


まとめ

布団の夢には、心身がやすらぐ、しがらみから解き放たれるなどの良い面があります。布団がふかふかであったり、不要になった布団を捨てることによって、自分にとって理想な快適を手にすることができるでしょう。

逆に、他人がもたらすトラブルに巻き込まれたり、心身に不調を来たすなどの悪い面もあります。自分の布団を他人が使っていたり、煎餅布団だったりすると、さらに嫌な方向に向かっていくでしょう。