受験のマークシート

受験の夢とは、例え夢であっても緊張してしまいますよね。誰もが一度は経験するものだけに、同じ心境になるものではないでしょうか?そんな受験の夢は、どんな意味があるのでしょうか?夢占いの診断と一緒に、いくつかの例を交えながら紹介します。



要チェック!受験の夢に隠された夢占いによる3大理由を解説


1)受験の夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

受験は、人生で起こる戦いの1つとも言えます。そんな受験の夢は、「プレッシャー・どうなるかわからないことへの不安・ストレス」などを表します。受験の合否、受験の難易度、試験を受ける側かなどによって、意味が変わってきます。なので、受験の合否だけにとらわれすぎないように、気をつけながら意味を解釈しましょう。

2)シーン別に解説!夢の7つのシチュエーションと意味の違い

(1)吉夢

・受験に失敗する夢

これは、逆夢の意味を表します。努力が実り、良い結果をもたらすことになるでしょう。大器晩成とは、まさにこのことではないでしょうか?

・受験を無事に乗り越えた夢

これは、困難を乗り越える力を持っていることを表します。力は源です。原動力さえあれば、何だってできる気になりますね。

・受験勉強の夢

これは、用意周到・計画的に物事に取り組めることを表します。猪突猛進派ではなく、石橋を叩いて渡る派というわけですね。考えながら進むことで、失敗を少しでも減らせそうで良いですね。

・受験に合格する夢

これは、吉兆を表します。まさに一石二鳥な夢だと言えますね。なかなかこの意味の夢を見ることはないので、見た時はラッキーだと言えますね。

・他の人が受験に合格する夢

これは、苦労はするものの、最後には実を結ぶことを表します。簡単にことを成すよりも、達成感が大きく感じられるのではないでしょうか?峠を乗り越えた先に、開けた景色が見えるように、きっと良い結果を得られるでしょう。

(2)注意の必要な夢

・受験に落ちてしまった夢

これは、プレッシャーに押しつぶされそうになっていることを表します。受験は時間制限などに縛られるものだけに、無理もないことです。むしろ、それだけ物事に本気で取り組んでいる証と言えるのではないでしょうか?

・受験が難しかった夢

これは、今現在の状況に不満しかないことを表します。とは言え、不満は多かれ少なかれ、誰しもが抱えていることです。自分だけと思わずに、広い視野を持ちましょう。

大学のキャンパスと桜

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)受験に合格する=吉凶半々

受験に合格する夢は、逆夢の意味もありますが、稀に良い意味であることもあります。良いことも悪いことも、受け入れる度量があればどんな意味でも左右されることはないでしょう。

(2)受験の問題が予想通りだった夢

これは、目標の変更を余儀なくされることを表します。臨機応変に対応して、その場を乗り切りたいですね。目標が変わることで、新たな境地が開けるかもしれません。

(3)自分が試験官になっている夢

これは、自信に満ちあふれていることを表します。自信があれば何でもできそうですが、自信が空回りしないように気をつけたいところです。自信は高すぎても低すぎても、自分のためにはなりません。程よい自信がちょうどいいものですよ。

(4)試験の結果に対する感情=自分の認識の高さ

これは、試験の結果に対する感情が自分の認識の高さに比例することを表します。試験を軽んじても、ガチガチに考え過ぎても良くないです。どんなことも真摯に受け止め、考えるようにしましょう。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)受験に失敗した

これは、逆夢の意味を表します。受験生の時には見たくない夢ですが、ある意味結果オーライな夢とも言えますね。良い意味の夢なので、安心して大丈夫ですよ。

(2)受験に合格した

これは、意外にも逆夢の意味を表します。ぬか喜びをさせられて、何だか損した気分になってしまいますね。しかし、夢にとらわれすぎないようにしましょう。

(3)受験を無事に乗り越えた

これは、困難を乗り越える力を持っていることを表します。どんなことも乗り越える力さえあれば、足踏みすることもなくなるでしょう。

(4)他の人が受験に合格した

これは、苦労はするものの、最後には実を結ぶことを表します。その方が、実を結んだ時に充実感もひとしおでしょう。

5)受験の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント

ここまで、いくつかの例を交えながら紹介してきましたが、いかがでしたか?受験は一生を左右しかねないものですが、受験が全てではありません。受験を通して、自分自身を見つめ、考え方や姿勢の良し悪しを見直す機会になりえるものです。夢の中とは言え、受験の結果に一喜一憂し過ぎることのないようにしましょう。

「試験当日、道半ば」と言います。受験はあくまでも人生の通過点に過ぎません。受験が終わった後も、道のりは続きます。受験の時に費やした努力や、その時の姿勢をいつまでも継続していけるようにしたいものです。



今回のまとめ

1)受験の夢を見るのはなぜ?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の3つのシチュエーションと意味の違い

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)受験の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント