喧嘩をしている親と耳をふさぐ娘

夢の中での殴り合いは、本来の夢より具体性が強いもので、現実で強い記憶に残る悔恨などの感情が入り混じっているものとされます。ただの喧嘩ではなく殴るとなると強く印象に残りますよね。今回は殴り合いの夢を、夢占いの観点からご紹介します。



殴り合いの夢の8つの意味を紹介!夢占いのサインとは


1)殴り合いの夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

まず殴るというイメージは、復讐とか報復に近い行動です。喧嘩やトラブルでも自分にとって不当な事を、言われたり、やらされたり、あまりに無謀か身勝手な事に自分が関わった経験が記憶にあれば、やはりそのメッセージは「いつかやり返したい」という自分の本心でしょう。つまりは、それが普段は自分が隠している本音ということです。

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

(1)吉夢

・思い切り突き飛ばしたり、言いくるめて相手を黙らせた

殴り合うイメージといっても、実際は夢なので感触も実感も無い空虚な暴力です。その為、成就することは稀ですが、夢から覚めていおく直前で、ハッキリと言葉に出して言い返しているといった実感がある場合、その夢に出てきた相手は、決して今が自分と会っていたときよりも、不運に恵まれているという「勘」がある場合です。目覚めもスッキリし、恐らく爽快な朝の目覚めとなっているでしょう。

・殴ろうとしたら、相手が逃げてゆく

これは過去に頭に来ていた相手が、実際ではかなり自分との環境からは、かなり遠い場所に居て、今後とも会うことがないといった安心感と安堵、今後の自分の生活が安泰で平和な事を意味しています。これから仕事や恋愛、人付き合いもきっと上手くいくはずです。

・自分の仲間と一緒に相手と対峙し、殴りかかろうとしている

この場合は最も運気が上昇する、殴り合う夢としては非常に珍しい夢ですね。滅多に見れないだけに、これから現実で良い出会い、あるいは仕事運も上昇する可能性が高いです。自分側に味方がいるということは、それだけ現実でも人脈やビジネスなどで、非常に好調で相手からも良きパートナー、信頼を得ている証拠でもあります。潜在的に直感でそれを自身で感じているわけで、これは正に吉兆のしるしです。

・遠くにいる相手に向かって、走りながら殴りかかろうとしている

これも仲間と一緒に相手を殴る夢に次いで、やや幸運の兆しがあります。ただ弱いのは、その対象がまだまだボンヤリとしてはっきり見えず、なんとなく懸命に立ち向かっている点ですね。これは、今順調になるきっかけや兆しを現実で感じており、自分以外の他人から高評価や好意的な意見を言われたりして、過去の自分をリセットしているといった意味合いがあります。丁度、転機のチャンスが来ているのかもしれません。

・殴りかかろうとして、途中で止めてしまった場合

怒りの矛先が夢の中で変化するような場合があったら、それは過去が少しずつ薄れて、恨みとか悔しい思いが徐々に単なる一つの記憶になって整理されてきた証拠です。この夢の場合、そういった殴る行為をしている自分を俯瞰的に仮に外部から眺めているような光景が、夢となって現れた場合は、自分の心は過去よりも「大人」つまりは成長した証でもあります。経験をしたことが、少しづつ実る幸運を期待しても良いでしょう。

(2)注意の必要な夢

・殴ろうとした瞬間に目覚めてしまった

後味が悪いこの夢は、現実でも常に不完全燃焼で耐えて、言いたいこともまだ言えていない状況や、逃れられない運命、環境や心の葛藤が長く続きそうな予感があります。あまりに何度も似たような夢を見る場合は、バスタイムを長くし、出来るだけ自宅でゆっくりリラックスして、体を休めたほうが運気が上がる夢です。この不完全燃焼は夢では絶対に成就することは無いでしょう。

・殴ったのに相手が笑っている

これも自分の置かれている現実の状況や、不安が日々蓄積している事を示す、非常に虚しさを表す夢です。自分の脳力や技術や、言葉、語彙など、自分を上手に表現できないフラストレーションが心に溜まっています。

このままでは運気は下がり、場合によっては睡眠不足や疲労回復に影響が出てしまいかねません。そうなる前に簡単に達成できる、誰でも出来ることにトライしてみましょう。読書・スポーツ・カラオケ・親友と語り合うなど、いつもと違うご自身にあったストレス解消となる行動をとってみましょう。

・殴りたい相手がたくさん出てくる

これは不安が最大級に、自分にのしかかっている最中とも言えます。運気は今が一番底にあると思っていいかもしれません。運気をあげるためには思い切った決断が必要です。仕事なら、職場を変える、仕事を変える、あるいは残業を断る、人付き合いも変えるなど、具体的に行動で完全に従来から決別したほうが、幸運を早く呼び込みやすくなります。今悩みごとを抱えているなら、あまり現時点解決しようと奔走しないほうが良いでしょう。仕事も人付き合いも自分には合っていないのかもしれないと、現実を今一度整理してみてはいかがでしょう。

喧嘩をしているカップル

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)若い同性で年齢も似通った同士の、殴り合いの夢の場合

現実では身の回りの交友関係でトラブルを抱え、言いたいことを言えずに我慢が長引いている場合などに、こうした夢を見る場合があります。新入社員、クラス替え、仕事で部署の変更などで相性の合わない相手と、関わらなければならない場合など、やや自分の立場がまだ弱い時でもあります。ただ、打開しようと努力を続ける方が運気が良くなる傾向のある夢で、この夢を見たのなら「まだ自分はガッツがある」と奮起して頑張ってみましょう。

(2)異性と殴り合っている場合

これは心の底から相手を理解したい、もっと触れたい、一緒にやりたいことがたくさんあるといった、好意的なフラストレーションの現れた夢です。しかし今は我慢が肝心です。仕事でも勉強でも今はたくさんやることがあるはずで、優先順位は夢に出てきた異性ではありません。この夢の運気は、相手は自分のことを好意的に捉えている予感というものがあり、本気で殴ろうとしていないのなら、まず相手にいたわりと優しさで、まず自分から理解されるように努力を惜しまないようにしてみましょう。

(3)知らない年上の相手を殴っている

これは身近な自分よりもひと回り以上歳の離れた同性の場合は、「いつかはやり返してやる。」という、ちょっとした復讐心を示す夢です。対象が異性の場合で歳が離れている場合は「ギャフンと言わせてやる。」といったような、何か理不尽な事を言われたか、あるいは行為をされたことが記憶の何処かにあるからでしょう。

これは運勢的には予知夢でもあるといえます。但し、しばらく時間がかかってから自分の能力や行動を見せつける機会が訪れますので、そのうち何かのタイミングで一つでも相手に言い返せたら、この夢はやがて見なくなるでしょう。やや予知夢に近い内容です。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)殴る相手が見えないか、ハッキリしない

まだまだ実現性の低い状況に自分が現実では置かれている、そんな感触のあるシチュエーションです。実際、何に腹を立てているのか、自分でもまだよく掴めていない状況ですね。こうした夢の場合は、現実でもあらゆる事が、まだ未熟である証拠ですから、夢で殴りたいのは自分のフラストレーションだと認めて、明るく現実では努力を続けてみましょう。

(2)怒鳴りながら相手を殴っている

この怒りは心の奥底から来る、非常に強い潜在的な憎しみです。徹底的に相手を打ちのめして相手を後悔させたい欲求が自分にある、そういった証拠を示す夢です。具体的に相手の顔が判別出来るなら、復讐のような感情を相手の顔を見る度、思い起こすことでしょう。

ただこの夢は自分の運気も下げます。従って、夢の中では思い切り相手を殴る事を寝る前に意識し、早めに寝て睡眠時間を長く取りましょう。途中で目覚まし時計がなったりした場合、その感情を抱えたままになるので注意です。

(3)殴ってはいたが、まるで手応えがない

この夢で殴っている相手は実は自分です。自分に不満があるのではなく、なんとなく自分の存在価値について悩みを抱えているのかもしれません。人と話したり、いろんな他人の相談事とその解決策を探して、自分に当てはめようと今懸命かもしれません。ただしその現実の行動そのものが、答えもハッキリしないことが多く、ピッタリこないので、自分なりに「どうしてくれるんだ!」と自分に訴えている感じです。

仕事や勉強、自分が置かれている状況に集中できず、それが悪影響しているかもしれません。頑張りが足りないのではなく、不毛な自分探しをしている感じでしょう。この夢は、「地に足を付けて、仕事でも勉強でも基本を学びましょう。」という運命を示すサインです。集中出来ない理由は、なんとなく自分でもわかってるのではないでしょうか?

5)殴り合いの夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント

(1)人生を前進させる機会に

殴り合いの行動がある夢は、具体性が強く、解決策を模索しあるいは、今後の運命を示す夢です。現実の行動次第で運気は吉とも凶ともなります。まずこの夢を見た場合は「夢をいつまでも引きずらない」ということです。

夢で殴り合っても、その感触は肉体的には全く残りませんし、痛みもありません。ただし必ず自分以外の対象が多いといった特徴があり、その多くは自分の周りに取り巻く他人、知人、友人や兄妹、親だったりするものです。この夢を起点に、自分は大きく心変わりが出来るとして、前向きに捉えて人生を前進させるように、心を構えておきましょう。

(2)現実を打開しようとしているサイン

殴り合うというのは、暴力的な腕力のある男性が見やすい夢の様に思えますが、言ってみれば潜在的に抱えた不安や不満、フラストレーションを夢の中で必死にもがいて打開しようとしている、精神的な行動であると見ることが出来ます。

すべてのパターンで殴り合う夢は、現実を前向きに捉えて進めていくことで、徐々に運勢も変わりこの夢はなかなか出会えなくなります。転機や、どうしようも無い現実に対して、思い切った踏み出し、第一歩は勇気を出すことが肝心です。失敗を恐れず、殴るような威勢のよい姿勢で、運命を変えていってみてもよいかもしれませんね。



今回のまとめ

1)殴り合いの夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)殴り合いの夢を見たら!今後の行動や心構えのポイント