お財布を持っている女性

お金がなくて困っている夢を見たことはありますか?お金がないといっても自分で無くしてしまったり、人に奪われたりとシチュエーションは様々です。今回はお金がない夢からわかる夢占いによる意味、暗示、サインをシーン別にご紹介します。



お金がない夢を見た?夢占いの5つの理由とサインとは


1)お金がない夢の意味って?代表的なメッセージとは

お金がない夢は一般的に愛情や人から理解を得たいという願望や、自分の魅力や実力に対して自信をなくしていることを暗示していると言われています。人から愛されたい必要とされたいという気持ちが先走って、失敗をしてしまう可能性があるので、冷静さを失わないように気をつけましょう。

それと同時に、健康運が低下していることも表しているので、健康管理には細心の注意を払う必要があるでしょう。頑張りすぎてはいませんか?休むときはしっかりと休みましょう。 

2)シーン別に解説!夢の5つのシチュエーションと意味 

(1)吉夢 

・財布のお金がない夢

財布が空っぽの夢を見た場合は、一見金運が下がっているのかと勘違いしやすいですが、実は金運がこれから上がっていくことを暗示しています。全く予想してなかった臨時収入が入ってくるでしょう。収入アップも期待できるでしょう。いきなりお金が入ってきたからと一気に使ってしまわないように、賢いお金の使い方をしましょう。

・請求書が届いてお金を支払ってお金がない夢

家に請求書が届きお金を支払って手持ちのお金がなくなってしまう夢を見た場合は、何らかの代償や犠牲が必要であると感じていますが、現実世界では全ての問題が解決することを暗示している吉夢です。 金運もアップしているので、臨時収入が期待できそうです。代償や犠牲がなくても幸運が訪れることもあるので、今は幸運を純粋に感じてみてはいかがでしょうか。

(2)注意の必要な夢

・お金を落としてお金がない夢

お金を落としてしまう夢を見た場合は、友達、恋人、健康、社会的な地位など、今大切にしているものを失うことを暗示しています。大切なものを失わないように周囲への配慮は忘れないようにしまいましょう。そして、任された仕事は最後まで責任を持ってやり遂げましょう。

・お金を盗まれてお金がない夢

お金を盗まれる夢を見た場合は、人に対して不信感を抱いていることを表しています。人に騙され詐欺にあったり、人間関係でトラブルが起こるかもしれません。人を信じることはもちろん大事ですが、信じすぎるとトラブルに巻き込まれます。相手が本当に信じることができる相手なのか慎重に判断しましょう。

・お金を家に忘れてお金がない夢

お金を忘れる夢を見た場合は、お金に対して相当な執着があることを暗示しています。お金に執着するあまり、大事なものを失う可能性が高くなっています。気づいた時には大事なものは戻ってこないなんてこともあるかもしれません。お金への執着が他の面にまで影響をもたらさないように注意しましょう。

家計簿の作成

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは? 

(1)銀行

銀行が夢に出てきた場合は、これまでしてきた努力や経験が試される時が近づいてきていることを表しています。もしくは、今までの自分の行動を振り返る必要があるということを暗示しています。反省し、改善すべき点は迅速に改善していきましょう。いずれにせよ、努力をすることが幸せへの第一歩となりそうです。

(2)泥棒

夢に泥棒が出てきた場合は、大切なものを失いたくないという焦りの気持ちが現れています。もし失ってしまったらどうしようと不安になってはいませんか?時には誰でも不安になるかもしれません。しかし、不安にばかり思っていても状況は変わりません。大切なものを失わないようにするには今自分に何ができるのかを考えるようにしましょう。

(3)貯金箱

夢に貯金箱が出てきた場合は、これまでしてきたことや、今もなお進行中で頑張っていることに対して、良い評価を得たいという願望を暗示しています。周囲からの視線に敏感になっているようです。また、自分の実力や能力がどれほどあるのか自分自身を試してみたいという気持ちも表しています。いずれにせよ地道な努力が幸せへのカギとなりそうです。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは 

(1)お金を借りる

夢の中でお金を借りていた場合は、愛情に飢えていて危険をおかしてでも足りない愛情を手に入れたいと考えているようです。 危険な誘惑に乗ってしまう可能性も高くなっています。愛情を手に入れようとするのではなく、愛される人になるには何が必要かを見直しましょう。

(2)レジからお金を盗む

夢の中でレジからお金を盗んでいた場合は、金運が下がっていることを暗示しています。 大切にしているものを失くしてしまったり、盗まれたりして、予想もしていなかった出費があるかもしれません。思わぬ出費に備えておきましょう。

(3)貯金をおろす

夢の中で貯金をおろしていた場合は、今まで知らなかった潜在能力を発見したり、その能力を試すチャンスが訪れることを現しています。しかし、何かに焦っていたり不安な気持ちで貯金をおろしている夢の場合は、衝動買いをしたり浪費しやすくなるので注意しましょう。

5)お金がない夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント

お金がない夢は愛情に飢えていたり、大切なものを失う夢が多いようです。自分の考え方や行動で防ぐことができるので、実行にうつしてみましょう。

この機会に自分にとって何が大切なのかを考えてみるのもいいかもしれませんね。お金の夢を見たからといって全てが金運に関する夢ではないので、夢の本当の意味を理解してこれからに繋げてみましょう。



今回のまとめ

1)お金がない夢の意味って?代表的なメッセージとは 

2)シーン別に解説!夢の5つのシチュエーションと意味

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)お金がない夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント