気持ちよく朝を迎えている女性

夢の中で起きる夢を見たことはありますか?せっかく寝ていた時にこの夢を見てしまったら、何だか悲しくなりそうな気がします。そんな夢の中で起きる夢には、どんな意味があるのでしょうか?夢占いの診断と一緒に、いくつかの例を交えながらご紹介します。



【夢占い】夢の中で起きる夢って?8つの理由を紹介


1)夢の中で起きる夢をみるのはなぜ?代表的なメッセージとは

夢の中で起きる夢とは、何だか不思議な感覚を感じますね。思わず自分が寝ぼけている錯覚に陥ります。そんな夢の中で起きる夢は、「何かに気づく・何かを発見する・心身の状態」ことを表します。起き上がるか否か、起きる時の状態や勢い、何から起き上がるのかなどによって意味が変わってきます。

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

(1)吉夢

・勢いよく起きる夢

これは、思いがけない好機に恵まれることを表します。好機は活かしてこそ、次につながるものです。見逃しのないようにしましょう。

・人に起こされる夢

これは、起こした人から良いヒントを与えられることを表します。人の意見や発想は、自分では思いつかないことを気づかせてくれます。これも好機の1つとして、受け入れてみましょう。

・寝ている途中で起きる夢

これは、何かに気づく好機を表します。気づくことができたら、遅いなんてことはありません。そこからどう行動するかが大切なのです。

・くつろぎの姿勢から起きる夢

これは、やる気満々なことを表します。寝ている時と違って、意識がある状態で起きるわけなので、勢いも違ってきます。その勢いに乗って、やる気があるうちに行動しましょう。

・朝になって起きる夢

これは、物事が上手くいくことを表します。朝の光の中で起きることで、物事の先行きも照らされ、順調にいくと言うことではないでしょうか?

(2)注意の必要な夢

・起きることができない夢

これは、疲れやストレスが抜け切れていないことを表します。心身をリセットさせる必要があります。時には、休むことも大切なことです。

・夜になって起きる夢

これは、せっかくの好機を逃してしまうことを表します。夜の闇で、好機が見えずに逃してしまうのかもしれません。次の好機に備えて、準備をしておきましょう。

・人の声で起きる夢

これは、その人からの良くない知らせを表します。その人から苦言や忠告を受けるかもしれません。言いたくないことを言ってくれる人は、本当に相手のことを考えたうえで言ってくれています。聞きたくないと耳を塞がずに、まずは聞くことから始めましょう。

カーテンを開けている女性

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)知らない場所で起きる夢

これは、大きな変化をもたらすことを表します。生きていく中で、変わらないことは何もありません。日々何かしら、大なり小なり変わるのです。大きな変化だからと言って、身構えることはないのです。

(2)イスに座っている時に起きる夢

これは、社会で自分の力を出せる好機を表します。同じ作業でも、自分にしかできないことはきっとあります。自信を持ちましょう。

(3)叫んで起きる夢

これは、堪えきれないほどの不安やストレスがあることを表します。それらを、自分の中でだけで消し去ることができない時もあります。無理に人に話すことはありませんが、自分だけで抱え込むことのないようにしましょう。

(4)泣きながら起きて、目が覚めた後も泣いていた夢

これは、ストレスやトラブルにとらわれていることを表します。現実では泣きたい気持ちを抑えてしまっているのかもしれませんね。泣くことは、心の足かせを流してくれることでもあります。時には泣いてスッキリすることも必要ではないでしょうか?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)勢いよく起きていた

これは、思いがけない好機に恵まれることを表します。せっかく来た好機のタイミングに乗り遅れないようにしたいものです。好機を有効にするもしないも、自分次第なのです。

(2)起きることができなかった

これは、疲れやストレスが抜け切れていないことを表します。適度に一息入れることも、心身には必要です。疲れもストレスもないに越したことはないです。少しでも多く減らせるようにしたいものです。

(3)朝になって起きた

これは、物事が上手くいくことを表します。朝の太陽を浴びて、体内時計を正常にすることで、軽やかに行動を始められます。その調子で、物事をとんとん拍子に進めましょう。

(4)夜になって起きた

これは、せっかくの好機を逃してしまうことを表します。中途半端に起きたことで、タイミングを逃したのかもしれませんね。本当に必要なタイミングを見計らいましょう。

5)夢の中で起きる夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント

ここまで、いくつかの例とともにご紹介してきましたが、いかがでしたか?起きることは、行動の第一歩とも言えます。そのタイミングや状態の良し悪しが、意味にも比例することがわかりました。

自分で起きる=自分で気づくことができれば何よりではありますが、人から学ぶことも必要なことです。人の苦言や忠告も、素直に受け入れることは必要なのです。その時は悔しくても、後になって有難みがわかる日がくるはずです。



今回のまとめ

1)夢の中で起きる夢をみるのはなぜ?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の3つのシチュエーションと意味

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)夢の中で起きる夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント