ショッピングを楽しんでいる女性

お店の夢を見た場合、これは自己顕示欲や自分が欲しているもの象徴を示しています。自分が今何を求めているのか、それはどのような暗示なのか?について、今回はまとめました。

自らのメッセージを分析し、今日からの行動にいかしていきましょう。



【14選】お店の夢は欲求のシンボル?夢占いを解説


1)お店の夢の意味って?代表的なメッセージとは

お店の夢の意味は、無意識の中での要求のシンボルとなっています。夢の中の店で売られている物は自分が求めている物であったり、自分に今必要な物である事が多いです。

お店には二つのシーン「売る」「買う」があり、「売る」夢の意味は「自分をアピールしたい」「自分を見て欲しい」「自分を知って欲しい」という感情を夢であらわしています。

もう一つの、「買う」夢の意味は「欲しいものがある」「手に入れたいものがある」という感情を夢であらわしています。

今回は「売る」「買う」両方の具体的なシチュエーションから、解説をしたいと思います。

2)シーン別に解説!夢の5つのシチュエーションと意味

お店の夢占いで一番大事なシーンは、「どのような店」だったのかと言う点です。お客さんとして買い物をしていたとしても、オーナーや店員として販売していたとしてもどんな印象のお店かで吉夢と注意が必要な夢かにわかれます。

主なシーンを解説しますので、確認してみてください。

(1)吉夢

・様々な商品がキレイに並べられている店

運が上昇することを意味しており、収入が増えたり思いがけない臨時収入が得られることを暗示しています。また、今後幸運が訪れることを意味しており、実際に良い買い物ができる可能性があることも暗示しています。

・店内が明るい店

現在自分がとても充実した状態である事を表しています。エネルギッシュで自己主張もしっかり出来ているので多少の困難があってもグイグイと乗り越えていくパワーが満ちあふれています。

やりたい事や目標が明確になっていて、それに向かって一直線に進んでいけるでしょう。

(2)注意の必要な夢

・さびれた汚い店

金運が低下してしまうことを意味しており、必要の無い物を買ってしまったり、出費が増えたり、収入が減るなど経済的に苦しい状況になってしまうことを暗示しています。

・閉店している店

自分が現在無気力で、自分に諦めの気持ちを持っていることを暗示しています。

・薄暗い店の夢占い

物事に対して警戒しすぎている表しています。慎重も度が過ぎると臆病となり、結局警戒ばかりで行動に移せなくなっている可能性があります。

何かを始めようと思い立っても肝心の実行がいつまでたっても出来ないとか、リスクばかり抽出して結局計画倒れになってしまうなど、繰り返してしまいそうです。

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

お店の夢は、「どのような店」か重要とお伝えしました。では、具体的に「何のお店だったのか?」お店の種類によっても意味は異なってきます。

お店の種類は、自分が具体的にどのようなことに欲求があるのか?を表しています。代表的なお店の種類と意味を解説します。

(1)コンビニエンスストアの夢

自分の生活環境や生活リズムといったライフサイクルを表しています。

深夜のコンビニの場合は、自分の寂しい気持ちがあらわれていて、何か安らぎを求めているのでしょう。日中のコンビニの場合は、休みなく活動している自分自身を表しており、自分が疲れ果ててしまう前に休息する事を考えて下さい。

(2)レストランの夢占い

レストランの夢は人とのコミュニケーションのシンボルです。1人でレストランに入る夢は、自信や自己満足を表しています。

誰かと一緒にレストランに入る夢の場合は、対人関係がスムーズとなることを示しており、新しい対人関係が今後築けることを表しています。

(3)デパートの夢

デパートの夢は自分の潜在能力や欲望、執着心の表れです。

デパートで欲しかった物が見つかったり気に入った物を見つけた場合は、自分の潜在的な才能に気付き開花していく事を表しています。

逆に何も目的もなくデパートの中を歩き回っている場合は、自分にの欠点に気付けておらず、自分の実力を見極める必要があるという自分へのメッセージです。

(4)アクセサリーショップの夢

自分の魅力を更に磨きたいと考えている心理が表れています。自分がもっと輝ける何かを求めている事が多いのですが、欲張って身に付けすぎると逆に魅力を低減する事になってしまいます。

自分の魅力を磨きたいあまりに嘘の自分を作り上げてしまうと、途端に自分の魅力は胡散臭くなってしまうのでほどほどにした方が良いでしょう。

(5)宝石店の夢

自分が輝けるものを探していることを表しています。例えば、結婚が最も輝けるものなら結婚相手を探していますし、仕事で輝けると感じているならもっと「やりがい」のある仕事を探している事を示しています。

(6)喫茶店の夢の意味

喫茶店の夢は、今は平和ですがいずれトラブルが発生することを表しています。現在の平和な状況は一時的なもので、これから次々と問題が起きる可能性があることの暗示です。自分の行動や言動には注意するようにしてください。

カフェ

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

お店の夢では、自分が「売る側」「買う側」なのか、そしてどういう状況なのかによっても意味合いは異なります。ここでは両者の代表的な夢とメッセージについて解説します。

(1)自分が店主になる夢の夢占い

自分が店主になる夢は、希望や実力に適した就職先が見つかることを暗示しています。

(2)自分のお店に客のいない夢 

自分の人間関係が乏しく自信喪失に陥っていることを暗示しています。 自ら心を開き、周囲の人々に積極的に働きかけることにより、新たな人間関係を築くことができます。

(3)自分のお店繁盛している夢 

自分をもっと評価して欲しいという自己顕示欲が強いことを暗示しています。しかし、度を越した自己顕示欲の強さは周りから敬遠されます。自分の働きを客観的に分析して活動しましょう。

(4)バーゲンセールに出品する夢の夢占い

バーゲンセールに出品する夢は、異性に対して自分自身を安売りしていることを暗示しています。 自分を安売りせず、真の恋愛を捜しましょう。

(5)バーゲンセールで目移りする夢

学業、仕事あるいは恋愛において、自分が飽きっぽく行動が軽薄であることを暗示しています。 じっくり腰を据えて一つの仕事をしたり、一人の異性を好きになったりできるよう、価値観を見直す必要があることを自分自身に伝えています。

5)お店の夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント

今回は、お店に関する夢を見た場合の解説をしました。

お店の夢は、現在の自分自身への潜在的な欲求や他人への欲求を伝えるメッセージであり、「どんなお店だったのか?」「具体的なお店の種類は?」が、自分の潜在的な思いや考えであり、何に対しての欲求を抱えているのかを分析する事ができます。

また分析を行い、自己の欲求を「満足する」「手に入れる」為にはどんな努力が必要なのかを極めていかなければいけません。

また、「自分の行動」では自分の価値観や強い思いを分析、今後どのようになるかを暗示し行動のポイントを理解する事ができます。是非とも、ご自分の夢占いを理解して、自分自身のメッセージを受け止めてください。



今回のまとめ

1)お店の夢のポイントは、「お店はどんな様子だったか」「どの種類のお店だったのか」

2)お店の様子と種類で、何に対しての欲求かが分析できる

3)自分自身の行動は、自分がどのような現状どのような考えで、どう行動した方がよいのかのメッセージを表しています