お金の札束

大金の夢、それは一度は見てみたい夢ではないでしょうか?思いがけずに手に入った時、何に使おうか考えるだけでワクワクします。そんな大金の夢には、どんな意味があるのでしょう?夢占いの診断と一緒に、ご紹介します。



大金が夢に出てきた?夢占いの8大理由と暗示とは


1)大金の夢の意味って?代表的なメッセージとは

大金の夢は一度は見たい夢の1つでしょう。お金は、「愛情」や「時間」、「エネルギー」を表します。夢に出てくる金額によって、それらに関する意味が良くも悪くも変わってきます。特に大金の夢は、逆の意味を持つことが多いので要注意です。

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

(1)吉夢

・地道にお金を貯めて、大金を得た夢

これは、吉兆を表します。地道に、確実にお金を貯めることで得た大金は、その人の苦労と努力の証です。それは、その人の蓄えになるだけでなく、自信や忍耐も身につき、更なる力を得ることになるでしょう。「急がば回れ」ではありませんが、回り道や積み重ねる時間は必ず対価となって返ってきます。楽な方法でお金を得ることはできないと言うことです。

・大金を手にする夢

これは、思わぬ収入を得る、棚から牡丹餅を表します。とは言え、良い意味の場合はごくまれです。なぜなら、大金を手に入れた時の気持ちの持ち様によって意味が変わるからです。大金を手に入れたからと言って有頂天になり過ぎず、前向きな心持ちの場合に見るでしょう。

・大金を寄付する夢

これは、誰かの為になることをしたいことを表します。大金が手元にある余裕から、人に貢献したい気持ちが強い状態とされています。「情けは人の為ならず」です。誰かに良いことをしたら、必ず自分に返ってきます。その優しい気持ちを忘れないでくださいね。

・たくさんの紙幣によって、大金の状態の夢

これは、エネルギーに満ち足りていることを表します。そもそも、紙幣はエネルギーを表しますので、大金になるほど良い傾向であるとされています。

・お金を貰ったことで、大金を手にする夢

これは、お金をくれた相手から愛情を与えられていることを表します。お金だけでなく、愛情までもらっているとは、これが好きな人からなら至れり尽くせりですね。

(2)注意の必要な夢

・大金を手にしている夢

これは、無駄遣いによってお金がなくなることを表します。現実で大金を手にした時、貯金するなどして慎重になる人もいれば、豪快に使う人もいます。まさに、この後者のような場合に陥りやすいのでしょう。自分の物でないから欲しくなる、それが衝動買いに発展するのでしょう。本当に必要なのかそうでないのか、きちんと考えましょう。

・ギャンブルなどで一気に大金を手に入れた夢

これは、お金がなくなることを表します。ギャンブルで大金を手に入れることはないわけではありませんが、確率的には低いものです。一攫千金を夢見る気持ちもわかりますが、ハイリスクローリターンの可能性の方が高いです。地道にコツコツ稼ぐことで、忍耐やお金の有難みを感じるのではないでしょうか?

・大金持ちになって大金を手にする夢

これは、お金に対する貪欲さから運気が低下することを表します。お金があればあるほど、もっと欲しいと貪欲になってしまうのでしょう。が、お金だけでは満たされないことはあります。お金にばかりとらわれずに、他のことにも目を向けましょう。

サラリーマンと札束

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)お金の種類や新旧=良し悪し

お金とは、硬貨と紙幣の2種類があります。硬貨は、気持ちが満たされない寂しさなどを表します。紙幣は、エネルギーを表します。また、これらが古いものであればエネルギーにあふれる・吉兆などの意味を表します。

(2)大金を手に入れた方法=運の良し悪し

地道に稼いで大金を手に入れた場合と、ギャンブルなどの一攫千金で大金を手に入れた場合では意味が違ってきます。どちらも大金を得たことに変わりありませんが、その後の運の明暗が分かれます。前者には吉兆が訪れ、後者には金運の低下が訪れます。「運も実力のうち」とは言いますが、やはり地道に貯める方が良いでしょう。

(3)大金を手に入れる夢=吉凶半々

大金を手に入れる夢は、吉凶半々です。その時の心持ちによって、良くも悪くも意味が変わってきます。大金が手に入ったら得意の絶頂になったり、欲しい物を買いたくなる気持ちはわかります。が、そんな時こそ一呼吸置いて、冷静に物事を考えるべきではないでしょうか?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)コツコツお金を貯めて大金を手に入れていた

これは、近々良いことがあるかもしれません。お金を貯めることは時間がかかりますが、忍耐力が身につき、無駄遣いもなくなります。それは、お金の有難みを身を以って知ることで得ることだと思います。

(2)大金持ちになっていた

これは、知らず知らずのうちに、お金に執着していたことを表します。お金がたくさんあることで、減るのが怖い・もっと欲しいと思っているのかもしれません。が、執着が強いと見える物も見えなくなって、本質を見失ってしまいかねません。気をつけましょう。

(3)大金を手にして戸惑っていた

大金を手にする機会は滅多にないことなので、夢の中とは言え戸惑ってしまいました。これは、無駄遣いやそれによってお金を失うことを表します。一種の警告と思って、肝に銘じておきます。

5)大金ができた夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント

お金はないと困りますが、ありすぎても厄介なものです。まして、それが大金ともなると尚更です。大金によって無駄遣いに拍車がかかったり、お金に対する執着が強くなったりと、それは度が過ぎると良くありません。この夢を見た時は、警告や戒めと思い、普段のお金の使い方を見直してはいかがでしょう。



今回のまとめ

1)大金の夢の意味って?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の3つのシチュエーションと意味

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)大金ができた夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント