朝日と富士山

太陽は、なくてはならないものの1つです。太陽があるからこそ、作物の生長や人間の体内時計が整うのです。そんな太陽が夢に出てきた時、それはどんな意味を持っていて、夢を見た人に対して何を伝えるのでしょうか?今回は太陽の夢占いの診断の意味をご紹介します



太陽の夢を見た?夢占いによる6つの意味とサインとは


1)太陽の夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

太陽と言えば、暖かい光が周りを照らす様子から、吉兆を表します。とは言え、太陽の様子や現れ方などによって、意味の良し悪しが変わります。また、太陽は「生命力やエネルギー、未来に対する自信の有無」などを表します。

2)シーン別に解説!太陽の夢の3つのシチュエーションと意味とは?

(1)吉夢

・太陽が昇る夢

これは、願い事や望んでいたことが近々叶うことを表します。例えば、これまで頑張って続けていたことが報われる・恋が叶うなどです。太陽が後光を照らすように、自分の希望や夢が実現することが後押しされているようで、心強いですね。

・部屋の中に太陽の日差しが入り込んでいる夢

これは、目上の人などから良い援助や協力を得ることによって、成功することを表します。人から援助や協力を得られると言うことは、何かしら惹かれるものがあったということです。その援助や協力に感謝し、自信を持って、物事を進めましょう。

・体に太陽が入る夢

これは、とても縁起の良い夢です。太陽が全てを照らすように、見た人の人生を照らし続け、恵まれたものになることを暗示しています。また、体に入ることから、将来生まれてくるであろう子供が大物になり、その子の人生も素晴らしいものになることを表します。

(2)注意の必要な夢

・太陽が沈んでいく夢

これは、自信ややる気が下がっていくことを表します。明々と照らす太陽が水平線に沈んでいく様子と同様に、自信ややる気の力が下がっていく状態です。とは言え、気持ちは心身の状態と比例します。低下の原因は、多かれ少なかれ疲れやストレスがあることを表すので、無理をせず息抜きをしましょう。

・太陽が西から昇る夢

太陽は、東から昇り西に沈みます。それが逆の状態を夢に見た場合、予想外の出来事や当たり前だったことが一転することを表します。例えば、急激な環境の変化や思いもよらないことに事態が暗転するといったことです。まさに、青天の霹靂の状態と言えますが、立ち止まってばかりもいられません。深呼吸して、冷静に事態を理解し、乗り越えましょう。

・太陽が複数ある夢

普通太陽は1つです。にもかかわらず、複数の太陽を夢に見た場合、自然災害の予兆を表します。統計や可能性だけでは予測できない、それが自然災害の恐ろしさです。 いつ起こるかわからないだけに、常日頃から用心しておくことが大切です。

日差しの入り込んだ部屋

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)太陽の昇り降り=運気の上昇や下降

太陽が昇っていく・沈んでいく様子は、そのまま運気の上昇・下降に比例します。確かに、太陽が出ている間は明るい・沈むと暗くなる様子と同様に、それが運気にも表れると言えます。とは言え、沈んでも昇るのが太陽です。今は好機でなくても、次回の好機を気長に待ちましょう。

(2)太陽に雲がかかっている=家族間のトラブルの暗示

太陽に雲がかかっている場合、家族間でトラブルが起きる暗示があります。家族だから言いたいことを言ったり、わがままになってしまうことは多いですが、「親しき中にも礼儀あり」です。家族だからこそ、粗雑に扱うことなく、大切にしましょう。

(3)太陽を見る=吉兆

太陽を見ることは、新たなスタートの始まりや幸運の兆しを表します。それが輝く太陽だったなら、自信にあふれた未来を表しますので、期待は大きいですね。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)太陽に向かって拝んでいた

これは、願いが叶う暗示とされています。太陽はエネルギーの象徴です。太陽の持つ力や意味にあやかって、願いを叶え、次に進みましょう。

(2)太陽の光を浴びていた

これは、全てにおいて物事が上手くいく暗示とされています。今やっていること、やろうとしていることがあるのなら、そのままやり遂げましょう。

(3)誰かと一緒に太陽を見ていた

これは、懐かしい人との再会を表します。その相手が疎遠になっていた人なら、仲直りのチャンスかもしれません。また新たな縁をもたらす暗示でもあるので、交友関係の幅が広がりそうです。

5)太陽の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイントとは

ここまで、いくつかの例とともに紹介してきましたが、いかがでしたか。太陽は、その名や姿、あたりを照らす様子のように、運気の良し悪し・吉兆や災いを表します。とは言いましても、「明けない夜はない」とあるように太陽は必ず昇るものです。

全てに光をさす太陽のように、自分自身もそれにあやかって、前向きに物事をとらえ、進んでいけることが理想です。例え、欠けた太陽の夢を見て運気の低下を暗示したとしても、それはいつまでも続くものではありません。良いことも悪いことも平等にやってくるのです。それは誰しも同じことです。良いことがあればそれに感謝し、悪いことがあればそれを糧に次につなげることが未来を築くのです。諦めずに前を見て進みましょう。



今回のまとめ

1)太陽の夢にはどんな意味が?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!太陽の夢の3つのシチュエーションと意味とは?

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)太陽の夢を見たら!今後の行動や心構えのポイントとは