遠くを見つめている虎

虎などの威厳のある堂々とした姿は、まるで自分から遠い存在かもしれませんが夢占いでは、その存在は自分の内面に隠された本当の正体の一つです。そして眠る無意識の中で解放され、「暗示」として自分に運命を示唆します。運命を変える力をもった夢の一つですね。



虎が夢に出てくるサインって?夢占いの8つの訳を解説


1)虎が夢に出てくる意味って?代表的なメッセージとは

自分と対峙する動物は、それは人の化身です。実際に人として夢に登場しないのは、それは自分の潜在意識の中にある真の正体は、誰でも恐れを抱いているからです。日常では体裁やプライドが邪魔をして、なかなか自分を見つめる機会は少ないものです。虎の夢は自分のチャンスや生きるヒントへのきっかけとして、如何にプラス思考で受け止めるかが重要なポイントになります。

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

(1)吉夢

・虎を見つけて身構えている

困難に立ち向かって、金運や仕事運がこれから急上昇する兆しの表れです。順調な仕事や家庭での人間関係や運気は自分に関わっている人もいずれ上昇機運となるでしょう。非常に何でも好調で、金運なら宝くじやギャンブルでもちょっとしたチャンス、幸運が訪れるかもしれせん。しかしやや不安定で、幸運と引き換えにリスクもあるので、何かにチャレンジするなら短期間だけにしてください。男性には大きな仕事が舞い込みます。

・親子の虎を発見した

親子愛を示すこの夢の運勢は、恋愛や結婚で相手が自分に寄せる思いが今が一番強く、深い事を示しています。告白なら自分から、打ち明ける悩みがあるなら、信頼できる異性が解決してくれるかもしれません。ポイントは見定める瞬間、チャンスには「合図」があることです。逃さずその機会を掴んでください。女性にとっては幸運を呼び込む夢です。

・虎が恐れている

自信見満ち溢れた自分を、周囲は羨望と尊敬を表し心の中で抱いています。その信頼に応える様に、感受性を豊かに今取り組んでいることを、もう一度改めて整理し、冷静に対処していけば、いずれは大きな成功、もしくは夢を更に大きく膨らませることができます。期待度を過度にしてはだめですが、無理を承知で目標は高く持つようにしましょう。

・ジャングルの中で虎と遭遇する

これは「発見や発明」の兆しです。実際には自分の考えの正しさとか、意見が他人に認めてもらえるチャンス到来という事になります。今までの努力がこれから報われるので、今していることは絶対継続してください。例え成果や結果が今は見えなくても、それは経過中で単なる徒労、無駄な努力に終わることはありません。もっと自信を持つようにしましょう。

・気が付くとすぐ隣に虎がいた

大きな成功と転機が近くまで来ています。まだ自分が気が付いていないだけで、その兆しは非常に身近なところにあり、それも実に意外な事です周囲の出来事、テレビやラジオなどのメディアからでも、自分は知らず知らずのうちに受け取っています。これに気が付くのは見方を変えることです。いろんな情報を受け入れ、例え真逆で自分では好まないものも今一度見直すと、そこにチャンスが転がっています。

(2)注意の必要な夢

・虎に追われている

逃亡しているようで、これは虎に対する自分の姿勢を表します。困難から逃げていませんか?それならその逃避は大きな間違いです。恐れることなく立ち向かうべきです。虎から逃げているのは、本当は大切な事だとわかっているためで、振り向き自分の原点に立ち返らない限りは、運気はどんどん不運へと陥ります。

・虎を追いかけ見失う

これは大きな失敗が近づいているという事です。取り返しのつかないところまで深追いは禁物です。それは自分が本当に目指す方向、目標、夢ではないのです。新しい何か、転職や結婚など人生の転機だと思っても、今はその機会がやってきているわけではありません。考え方ももう一度精査し、落ち着いて今できることをクリアしない限り、それが間違いだったと気が付くことは無いでしょう。自信過剰気味な若い男性は特に要注意です。

・虎の死体を見た

もう自分を襲う事が無い虎の死骸は、絶望です。凶の運勢が強いので信者でなくとも、神社、仏閣あらゆるところで、お祈りをするように心がけてください。運気は今が最悪です。自分ではどうにも打開できませんから、身をゆだねるのは、「人」ではなくスピリチュアルな他のものです。部屋にお香をを焚いたり、あるいはアロマを使うと不運が変化し、運命が変わる事があります。女性は特に「香り」を上手に生活に取り入れてください。

サバンナを歩いている虎

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

(1)ジャングルやサバンナでの虎との遭遇

困難が周囲にあり、それでも前進しようというポジティブな姿勢を表します。どの虎が登場するシチュエーションでも、それは虎でなく「現実にいる人たち」です。かき分ける茂みは自分の足を引っ張ったり、引っ掻けて足をすくわれることもありますが、物事にひるまず進んでみましょう。

(2)虎が複数頭いた

これは「迷い」です。虎が逃げるにしても、虎を追うにしても、そこにはいくつもの「迷い」があります。しかし解決する、取り組める「虎」は一匹だけです。同時に対処は出来ないし、自分でもそれを本当は理解しています。とにかく抱えた物事は一つ一つクリアしていきましょう。

(3)虎が襲ってくる

大きな仕事、大きな転機で決断を強いられる時が来た証です。この時自分がどういう行動をとるかで、運命は決まります。逃げると決めたら決断は早く、立ち向かうならつべこべ事後の事を考えていると、運勢は決して変わっていくことが出来ません。何かに迷っているなら、それは自分既にその解決策はどこかで知ってるのです。

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

(1)虎に対して怖くない

自信に満ち溢れ、充実していることを意味しています。やっていることに自信が持てなくても、継続は力なりです。

(2)虎の姿を見て何故か不思議に親しみを感じる

本当の自分は慈愛に溢れ、愛情豊かな人格者です。現実ではそれを活用するために、素直な態度を心がけましょう。

(3)白い虎を見た

大きな発見、またはアイデアの兆しです。日記を付けたり、メモと筆記具を持ち歩き、日常を記録しておくといつかきっと役立つ時がくるでしょう。

(4)虎が全く動かずこちらを見ている

その虎が自分の今の姿です。これを「転移夢」とか「憑依」とも呼びますが、実は自分で虎を見つめているのは、自分ではなく虎の方の心の中にいます。それ鏡で自分を見つめているのと全く同じですね。

5)虎の夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント

虎を見る夢はズバリ「転機」や「チャンス」といった兆しを示す夢です。現実とかなり密接した夢で、まず心がけるのはその気構えです。どのような虎の夢でも、夢の中の虎は自分に近い存在です。また自分の心を反映したもので、見えざる運命を指し示しています。暗示ともいえる夢のパターンですが、夢占いを参考にするにしても、答えは常に一つであるということを忘れないでください。

「虎は転じて自分の象徴」、「自分に関わる事柄に対する自分の心」及び、「自分を映す鏡」です。怖い虎の姿は本当の自分は、決断力も自信も持っているのです。だからこそ、夢の中で虎に憑依し、自分に対峙してきます。虎が逃げるのは、自分の心に対しても真正面から向き合っていない証拠です。ですが、虎の夢は暗示ですから、好転させるチャンスはきっとあるでしょう。



今回のまとめ

1)虎が夢に出てくる意味って?代表的なメッセージとは

2)シーン別に解説!夢の8つのシチュエーションと意味

3)夢の中で他に特徴なものはあった?その意味とは?

4)夢の中で自分はどんな行動を取っていた?意味の違いとは

5)虎の夢をみたら!今後の行動や心構えのポイント